楽しくなければごはんじゃない

食べるの大好き。食いしん坊おじさんの個人的なごはんの記録です。

町田【パパパパパイン】パイナップル醤油ラーメン ¥750+大盛 ¥100

f:id:kuishinbo-ojisan:20180525134249j:plain

 

このところラーメン率が高かったので今日は避けようと思っていたら、知らないうちに西荻窪からパパパパパインが移転しているじゃないか!

となれば行くしかない。

 

ちなみに町田仲見世商店街にある【八十一番】は姉妹店らしい。知らなかった。なるほど、パインね。

 

13:30頃訪問。けっこう並んでるなあ。

15分くらい並んで食券のところまでやっとたどり着いた。

 

 f:id:kuishinbo-ojisan:20180525140308j:plain

 

外で流しているムービーで「初めての方はこちら」と紹介されていたパイナップル醤油ラーメンをチョイス。「黄色いごはん」も気になったけれど……、ここは素直に大盛にした。いやー、ちょっとご飯好きとしては冒険出来なかった。

 

食券を買ったらすぐに座れた。

店内は小物まで何もかもパイナップルのイメージで統一されている。

席はカウンターのみで10席。

 

3分くらいで提供。

 

f:id:kuishinbo-ojisan:20180525140922j:plain

 

おお……、本当にパイナップルが乗っている。

 

まずはスープ。

……なるほど。ベースはけっこうしっかりと煮干しの香る、スタンダードな醤油ラーメン。ただ、普通より甘味が強い。甘いといってもちゃんと醤油味とマッチした甘味で、別にパイナップルの香りはしない。これ、普通に美味しいぞ。

甘味も果物由来だからか、後味すっきりで、ベタベタした感じも一切ない。

 

正直、醤油ラーメンにパイナップルの果汁を加えただけくらいに考えていたけれど、どうしてどうして、ちゃんとまとまった味になっている。「パイナップルラーメン=フルーティー」なんて短絡的な考えでいた自分が恥ずかしいねえ……。

 

ただ、味はけっこう濃いめ。

甘味が強めだからなおさら感じる。

自分は濃め▪多めの人間だから大丈夫だけど、薄味好きな人は注意かも。薄めとか出来るのかな?

 

次に麺。

やや固めに茹でられたストレートな細麺は、スープと良く絡む。うん、美味しい。

 

具はネギ、糸唐辛子、ほうれん草、海苔×1枚、チャーシュー×1枚。そしてもちろんパイナップル。

ほうれん草はスープにマッチしてて良いね。

チャーシューはしっかりした歯応えだけど、パサつきはなし。ちょっとだけ不明な風味がした気がするけど、もしやパイナップル……?

海苔は……、ちょっとペラペラだね。

さて、パイナップルだけど……、うん、これはね、なんの捻りもなくパイナップル。パイナップルをカットしたやつ。まあね、ほら、今何を食べているのかを忘れないためには重要な具かも知れないね……。

 

満足。

思いがけず美味しくて、楽しかった。

黄色いごはんにも、チャレンジしてみても良いかも。