楽しくなければごはんじゃない

食べるの大好き。食いしん坊おじさんの個人的なごはんの記録です。Twitterもやっています。@ksb043

はじめに

このブログは、私が手帳に書き続けてきた食事の記録を電子化することを目的としており、レビューや紹介を目的としたものではありません。あくまでも、一個人の日記としてお読みいただくようお願いします。

なお、美味しくなかったお店や思い出に残らない食事の記録は手帳の中に留めています。(自炊した分は心の中に留めています)

注意:このblogを書き始めたのは平成29年6月29日からです。それ以前の日付のものは手帳に書かれた内容をもとに書いたものとなります。

【番外編】入院中のお楽しみ part2の3 9/19~9/25

入院も3週目。まだ続きますがご容赦ください。

今週も毎食、じっくり味わっていきます。

 


↓1週目はこちら。

https://kuishinbo-ojisan.hatenablog.com/entry/2022/09/11/194010

 

↓2週目はこちら。

https://kuishinbo-ojisan.hatenablog.com/entry/2022/09/19/124326


───────────────────────

 

 


◆9月19日(月) 朝

9月19日(月)の朝ご飯 8:00


目玉焼きだー!

 

まずは野菜から。「ブロッコリーサラダ」と言うと何だかちゃんとしてるけれど、内容としてはブロッコリーとプチトマト。まあ好きだから良いんですけど。でもこの量にこのドレッシング(フレンチ)は全部かけたら大変なことになっちゃうなあ。仕方ないので少しだけ使った。味は想像通り。

「味噌汁」には玉麩がみっつ。この質素なお味噌汁にも慣れつつあるなあ。でも寂しいよね、これは。

目玉焼きの下には「キャベツソテー」。極めてシンプルな味付け。キャベツとニンジンの素朴な甘味。

メインは「目玉焼き」。あっ、この病院は目玉焼きにはケチャップ派なのか。いやー、醤油(出汁醤油)派としては厳しいなあ。しかたない、反則だけれど秘蔵の醤油を使うか……。ああ、久しぶりだなあ。たかが目玉焼きだけれど、何だか妙に美味しく感じる。黄身もちゃんと半熟だ(ゆで卵は完熟派だけど、目玉焼きは半熟派)。

残りのご飯は「ふりかけ」でいただく。

〆は牛乳。

 

うん、なかなか良い朝ご飯だったな。

 

 

◆9月19日(月) 昼

9月19日(月)の昼ご飯 14:20


祝日だろうが何だろうが治療はある。今までよりは短かったとはいえ、体への負担は相変わらずしんどい。早く、疲れた体に栄養補給を!

 

まずは「揚げなすのお浸し」から。ああ、ナスのオイル感が嬉しい……。揚げナスは甘味があり、味付けもほどよい。鰹節の風味と旨味も加わり、うん、これはちゃんと美味しい。

続いては「野菜と大豆の煮もの」。昔懐かしい味というか、良いですね、和な感じで。塩梅も薄いこともなく、そこそこ食べ応えがあった。

メインは「魚の照り焼き」。見た目には鮭だけど、そんな鮭の香りが強いこともなく、また照り焼きの味が強いこともなく、全体的に小さくまとまった味わい。美味しくないわけじゃないんだけれど、満足感は今一つ。まあね、入院中は「食べやすさ」ってのも大事なことなんだろうけれど、物足りないのが正直なところ。

添え物のいんげんは無感情で食べた。

 

 

◆9月19日(月) 夕

9月19日(月)の夕ご飯 18:00


今日の夕ご飯は祝日なので特別仕様。秋らしいメニューでまとまっております。

 

野菜は「春菊のお浸し」。香りはちょっと控えめだけれど、爽やかで美味しい。

続いては「炊き合わせ」。高野豆腐に里芋、椎茸にさやえんどう、紅葉の形のお麩が入っている。塩分控えめながらどれもそれなりに味が沁みていて、素朴な美味しさに心が落ち着く。

メインは「魚の西京焼き」。お昼に続いて鱒っぽいのが来ましたが、味はちょっと物足りない。甘味も塩味も控えめで、味噌の香りも中途半端。食感もモサッとしていてパッとしない。美味しくないわけではないけれど、ちょっと残念な感じ。

ご飯は栗の乗ったお赤飯。ごま塩を振っていただく。栗は素材の甘さが出ていて、食感もふっくら美味しい。お赤飯ってそんなに好んで食べないんだけれど、こういう生活の中で口にすると、何だかとっても特別な気分。お米も炊き加減良く、モチモチしていて美味しかった。

デザートは「ぶどう」。このタイプのぶどうは久しぶりに食べたけれど、味が濃くて美味しかった。

 

全体としては満足。

 

 

───────────────────────

 

 

 

◆9月20日(火) 朝

9月20日(火)の朝ご飯 8:00


今朝はパン。

 

サラダは「南瓜サラダ」。レタスとキュウリの上にチーズがまぶしてあり、その真ん中にカボチャサラダがドンと乗っている。カボチャサラダを崩して食べる。うん、美味しい。カボチャの甘味と濃厚な味わい、そこにチーズの風味と塩味がマッチしている。周りの生野菜と一緒に食べても良い塩梅。美味しい。

「スープ」の具は水菜。いつもお味噌汁の具はめちゃくちゃ少ないのに、今回はやたらと水菜が入っている。水菜のスープというより、水菜のスープ浸しってくらい。味は極めて素朴。

パンは丸い「パン」と「ショコラロール」のコンビ。ショコラロールはそのままいただく。しっとり食感にショコラの香り、優しい甘味で普通に美味しい。パンには明らかにこのサイズには多すぎるマーガリンとジャム(アプリコット)を全投入。病院とは思えないジャンクな味わいを楽しむ。

パンのあとの牛乳は、あんまり重く感じない。

 

 

◆9月20日(火) 昼

9月20日(火)の昼ご飯 12:30


朝食後に窓際のベッドへ移動。自力ではほとんど歩けないので、うーん、お日様の光ひさしぶりだなあ。嬉しい。ご飯も自然光の方が美味しく見えるね。

 

野菜は「いんげん胡麻和え」。今回の入院の中では一番濃厚なごま和え。甘味、塩味、コクと申し分ない。なんだ、やればできるんじゃないか。(何様)

メインは「豚と生揚げの炒め」。具は豚肉、厚揚げ、ニンジン、タケノコ、キクラゲ、たまねぎ、ピーマン。薄味の中華丼みたいな味わい。最初は行儀良く食べてたけれど、誘惑に負けて丼にした。うん、こっちの方が美味しく感じる。

デザートは「さつま芋レモン煮」。お芋の素朴な甘味とふっくらした食感、レーズンの甘味と酸味、ほのかに香るレモン。温かく、心も暖まるようなデザート。入院6日目に出た時はレモン煮ではなく単なる甘煮だった。レモン煮は冷やしても美味しいんじゃないかな。

 

 

◆9月20日(火) 夕

9月20日(火)の夕ご飯 18:00



野菜は「大根の貝柱あえサラダ」。大根とキュウリのしゃきしゃき食感と爽やかな味に、貝柱が旨味をプラスしてくれている。なかなか美味しい。

「もやしソテー」はもやし、ニンジン、シメジが炒められている。味は……味気ない。

メインは「タンドリーチキン」。食べてみると、うん、美味しい。本格感は無いものの、スパイスの風味が物足りない塩味を補ってくれている。お肉も柔らかく、ちょうど良い食感。添え物のアスパラも、カレーっぽい風味がついて悪くない。

 

 

───────────────────────

 

 

 

◆9月21日(水) 朝

9月21日(水)の朝ご飯 8:00


今朝はご飯。

 

今回はたっぷりの「ひじきの煮付」があるから、おかずには困らなくて済みそうだ。正直、味は薄いけれど、贅沢は言うまい。

「味噌汁」は大根。あれ、何かいつもより美味しい。ちょっと甘味(≒旨味)を感じるくらいが好きなんだけど、これは悪くない感じ。具は相変わらず少ないけれど、まあ良しとしよう。

「ふりかけ」は三島の瀬戸風味。間違いない美味しさですね。

「温泉卵」はむしろデザート感覚。最後にツルッといただく。

牛乳飲んでごちそうさま。

 

 

◆9月21日(水) 昼

9月21日(水)の昼ご飯 12:30


何か、すごく、病院食っぽいビジュアル。

 

野菜は「菜の花のお浸し」。香りは弱いけれど、好きなので嬉しかった。

「冬瓜の含め煮」は、むしろこの薄味が合っている気がした。冬瓜、ニンジン、椎茸。優しい味わい。

メインは「蒸鶏の甘酢あんかけ」。圧倒的あん不足。でも蒸鶏は鶏肉の風味も旨味もしっかりあって、餡は少ないけれど悪くない塩梅。たまねぎ、タケノコの食感も良い(ピーマンは無くても良いけど、色味がね)。ビジュアルはともかく味は悪くなかった。

 

 

◆9月21日(水) 夕

 

午後の治療後、気持ち悪さや全身の脱力あり、食事は断念! 無念!

 

 

───────────────────────

 

 

 

◆9月22日(木) 朝

9月22日(木)の朝ご飯 8:15


まだ体調は悪いけれど、お腹は空いている。なので「8時になってるのにまだご飯が来ない……」とやきもきしてしまったことは、どうか許してください。

 

今朝はパン。

 

「サラダ」はレタスにキュウリにニンジン。昨日の今日だからね、まずはよく噛んで野菜をいただく。

そして待望の「ウインナーソテー」。ウインナーが大好物なのでね、皮パリッと中ジューシーでは無いものの、非常に嬉しい。味もそんな悪くない。タマネギのソテーも良く合う。

今回は丸い「パン」2つ。そしてジャム(イチゴ)がひとつ。やっとわかってくれたか。そうだよ、このサイズのパン2個にマーガリンとジャム両方は多いんだよ。ちょうど良い感じに食べられた。

牛乳飲んで今日も一日が始まる。

 

 

◆9月22日(木) 昼

9月22日(木)の昼ご飯 12:30


緊急事態。午前中受けた点滴の副作用らしく、食べる前から口の中がめっちゃ苦い。

 

恐る恐る、野菜の「小松菜のお浸し」から……。うわ、ダメだ、食べたら余計苦い。苦瓜丸かじりしてるかの如く苦い。こりゃまいった……。

「野菜のコンソメ煮」はどうか。おっ、うん、これはそんな苦く感じない。コンソメの味も、野菜の甘味もわかる。

メインの「豚肉の生姜焼き」はどうだろう。あっ、うーん、うん、生姜の風味とかは全く感じないけれど、豚肉の旨味と脂身の甘味はしっかり感じるぞ。何か久しぶりにお肉食べてるって感じがする……。舌が万全だったら良かったのに……。

さて、最後はデザートの「白いミルクプリン」。さすがにこれは甘く感じるっしょ。……苦瓜かな?

 

無念。(点滴は明後日まで続く)

 

 

◆9月22日(木) 夕

9月22日(木)の夕ご飯 18:00

 

入院してからけっこうお魚食べてる気がする。

さあ、口の苦いのは治ったかな?

 

野菜は「マカロニサラダ」。あ、良かった、苦いの治ってる。味付けも薄くなくて美味しい。ニンジン、キュウリにマカロニ。普通のマカロニサラダの味だ。嬉しい。

スープは味噌汁じゃなくて「ミネストローネ」。具はタマネギ、トマト、大豆。ちょっと具がしょぼいけど、味は悪くなかった。

メインは「さけのムニエル」。これ、中濃ソースが付いてきてるけれど、これで食べろってことかしら。何か珍しい気がする。取り敢えずつけずに食べてみる。バター感もほとんどしないし、ムニエルとしてはいまいち。塩味もかなり控え目。仕方ない、ソースかけるか。ソースをかけると、当たり前だけれどソース味になる。とはいえ、鮭そのものの風味は消えておらず、ただソース味のものを食べてるって感じにはならなかった。でも個人的にはいまいちかなあ。

付け合わせのブロッコリーは味付けなし。「人参グラッセ」は良い感じの甘さで美味しかった。

 

 

───────────────────────

 

 

 

◆9月23日(金) 朝

9月23日(金)の朝ご飯 8:00

 

おっ、久しぶりに見慣れないあいつが。

 

野菜は「ツナサラダ」。何か和風っぽいドレッシングで和えられていて、悪くない塩梅。レタスとキュウリもしゃきしゃきしてるし、ツナの旨味も活きている。

もう1つ野菜は「野菜ソテー」。具はキャベツ、いんげん、ニンジン。相変わらず味気ない。

「味噌汁」は豆腐とタマネギ。比較的具が多い方。

ご飯のおともには「たいみそ」。味は甘めの味噌。味噌味の料理は好きだけど、味噌そのままで食べるのは実はそんなに好きじゃないのよね。別に美味しくないわけじゃないけれど。

「オムレツ」にはケチャップをかけていただく。ふんわりとしていて、舌触りも滑らかで、なかなか悪くない。

 

 

◆9月23日(金) 昼

9月23日(金)の昼ご飯 14:15

 

つらかった長時間かかる治療も今回で終わり、ほっと一息(入院はまだまだ続くけど)。でもなあ、またあの口が苦くなる点滴してるんだよなあ……。不安。

 

まずは野菜「もやしの辛子あえ」から恐る恐る食べてみる。あっ、良かった、苦くない。味覚は正常だ。もやしとキュウリのしゃきしゃき食感と瑞々しい味わい、ほのかに香るカラシの風味と若干の辛み。塩梅もほどよく悪くない仕上がり。

「野菜の含め煮」はタケノコ、大根、椎茸、ニンジン、さやえんどう、豚肉と具沢山。味付けはちょっと薄いけれど、ちゃんと味は沁みていて美味しかった。

メインは「ひらすのみりん焼き」。一口食べてみると、身はジューシーでふっくら。みりんの甘味も感じられ、塩味は物足りないけれどなかなか美味しい。これは焼き魚にどうしても醤油をかけたいマンの私は、秘蔵の醤油を取り出さざるを得ない。薄味だから良いでしょう。醤油をさっとかけて、改めて一口。はい、美味しい。美味しいわあ。ご飯が進むわあ。満足。

添え物のいんげんは消化試合。魚にくっつけないで欲しいなあとずっと言っているが、これはどういうことか、そんなに気にならなかった。

 

 

◆9月23日(金) 夕

9月23日(金)の夕ご飯 18:00


来たか……カレーリベンジの時が。

まずは「サラダ」。レタス、キュウリ、プチトマトに小エビ。マヨネーズを和えていただく。うん、想像通りの味です。

続いてはメインの「チキンカレー」。前回のカレーは一緒に出されたジョアより味が薄いという衝撃的な作品だったが、今回は果たして……。ちゃんとカレーじゃん! 大丈夫、薄くないよ! もちろん外の世界のカレーよりは薄味だけれど、ちゃんと普通にカレーの味がする。ああ、良かった。具はじゃがいも、ニンジン、鶏肉。鶏肉も旨味が感じられてちゃんと美味しい。これはリベンジ達成ですね。

付け合わせの「らっきよと福神漬け」も、病院食に慣らされた舌には刺激的で嬉しい。

デザートは「オレンジ」。これは満足のいく夕食でしたね。

 

 

───────────────────────

 

 

 

◆9月24日(土) 朝

9月24日(土)の朝ご飯 8:00


昨日は夕飯前後で出血したりすることがあって、正直今朝のテンションはめちゃくちゃ低い。そんなときはご飯だ。ご飯を食べて元気を出そう!

 

と言っても、そんなにテンション上がるメニューじゃないけどね。

 

まずは野菜「チンゲン菜のお浸し」。チンゲン菜の風味と食感が良い感じ。まぶされてるのはツナかと思ったけれど、もしかしたらチキンかも知れない。それだけ食べてみたけれど、残念ながら区別つかず。ツナの風味はしなかったから、たぶんチキン。たぶん。

「味噌汁」はほぼ具なしと言って良いでしょう。でもいつもより若干濃いめで美味しかった。

小鉢的なのは「ひじきサンドのあんかけ」。豆腐を再成形したようなもので、ひじきと豆腐を混ぜたものを挟んで蒸したと思われるもの。あんかけの味は薄めで、ひじきサンド自体も薄味なので、正直ちょっと物足りない。ひじきサンドの味は、煮てないひじきと煮てないおからを混ぜた感じ。不味くはないけれど、間違いなくおかずとは言えない。

と、なるとご飯を食べ進めるには「味のり」しかない。味のりは強力な味方だけれど、さすがにこれだけでご飯220gは凌げないので、仕方なく秘蔵のふりかけを取り出す。

今朝は牛乳じゃなくてジョア。甘くて美味しいっす。

 

 

◆9月24日(土) 昼

9月24日(土)の昼ご飯 12:30

 

肉うどん


久々の麺類。

 

小鉢には「みぞれあえ」。けっこう酸味がある。甘酢漬けの大根をおろしたかのような味わい。さっぱりしていてなかなか美味しい。塩梅も悪くない。シメジも良いアクセント。葉っぱは存在感薄め。肉うどんの合間に食べると良い感じの箸休めになる。

「肉うどん」は先にうどんへ汁をかけて軽くほぐす。そして上に具材をトッピング。うん、良いぞ、美味しそうだ。まずはズズッとうどんを啜る。ツルツルでコシの無いうどんに、あっさりでちょっと輪郭のぼやけた汁が加わり、何とも優しい仕上がり。でもそんな悪くない。これはこれでまあまあ美味しい。具はタマネギと一緒に甘辛く炊いた牛肉、ほうれん草、カマボコ×2枚、椎茸×1個、ネギ、七味。牛肉は薄めだけどそれなりにしっかり味は沁みていて美味しい。逆に椎茸はそんなにしっかり味は付いてないけれど、椎茸本来の旨味は出ている感じ。カマボコが何かちょっと嬉しい。ほうれん草も野菜がとれて嬉しい。ネギと七味は良いアクセントで病院食慣れした舌には嬉しい刺激。

 

満足。麺類もうちょっと頻度上げて欲しいなあ。

 

 

◆9月24日(土) 夕

9月24日(土)の夕ご飯 18:00


口が苦くなる点滴は昼食後すぐに打ったので、もう口が苦くないぞ! 準備万端だ!

 

まずは野菜「おくらのしらす和え」。うん、美味しい。予想していたより塩味がしっかりある。塩オクラなのかな、しらすの塩味と風味も加わって、これおかずにもなるなあ。

こちらも野菜で「白菜の旨煮」。白菜以外にも椎茸やニンジン、さやえんどう何かが入っている。これも予想よりは良い塩梅。気持ち薄いけれどちゃんとおかずになる。あれ、このままだとご飯足りないんじゃないの?

メインは「メンチカツ」。ソースをしっかりかけていただく。うんうん、揚げ物はテンション上がるなあ。衣はしっとりだし、肉もペースト状になっていて食感的には残念な感じだけれど、味はしっかりメンチカツ。ご飯に合わないわけがない。添え物のブロッコリーは箸休めですね。

 

ああ、久しぶりにご飯が足りないくらいだった。

満足。

 

 

───────────────────────

 

 


◆9月25日(日) 朝

9月25日(日)の朝ご飯 8:00


今朝はパン。昨夜はあまり眠れなかったので、むしろお腹はペコペコ。

 

野菜は「ボイルブロッコリー」。シンプルに来ましたね。家では何もつけずに食べる派ですが、せっかくなのでマヨネーズをたっぷりつけていただく。うん、たまには良いね。

次は「ポークビーンズ」。これは美味しそう。ボリュームもある。一口食べてみると塩梅もほどよく、具材の旨味も感じられて美味しい。朝の体に沁みるわあ。具はソーセージ、キャベツ、トマト、ニンジン、大豆。やっぱりスープは具沢山が好きだな。

パンは丸い「パン」が2個。マーガリンとりんごジャムが1袋ずつ。パン1個にマーガリンとジャム半分を投入していただく。贅沢な菓子パンみたいで美味しい。

濃い味のパンを食べたあとは、牛乳がむしろあっさりに感じた。

 


◆9月25日(日) 昼

9月25日(日)の昼ご飯 12:30


野菜は「ほうれん草のお浸し」。何か量が多い。おかかもしっかり振ってあり、味付けも悪くない塩梅。

小鉢には「ごぼうの炒め」。食べてみると、やっぱり、9/13に食べたきんぴらごぼうと同じでごぼうがスカスカ食感。こんにゃくの食感に助けられて、前回ほどは食感気にならないけれど、ほんとどうやってこんなスカスカ食感にしてるんだろう。味付けは甘辛く、そんなに悪くない。

メインは「豚肉の中華炒め」。具は細切りの豚肉、タケノコ、ニラ、赤ピーマン。青椒肉絲のニラバージョンって感じで美味しい。味付けもしっかりしていて、あんまり病院食っぽくない。これは普通にアリ。

 

 

◆9月25日(日) 夕

9月25日(日)の夕ご飯 18:00


入院3週目、最後の食事。

 

「サラダ」はレタス、キュウリ、紫タマネギ(底の方に少し)、ホワイトアスパラ。フレンチドレッシングでいただく。ホワイトアスパラはめちゃくちゃ柔らかい。味はまあ特に感想のないサラダだけれど、いつもと具材がちょっと違うだけで、少し気分が変わって良いね。

コンソメ煮」はカブがコンソメで優しく煮られている。味は優しいの一言。

 

メインは「ハッシュドビーフ」。ご飯に合う洋食。味はそんなに薄くない。塩味は控えめだけれど、コクはしっかりあるので美味しい。お肉はけっこうたっぷり。タマネギとマッシュルームも柔らかく煮込まれていて良い感じ。

 

満足。

 


───────────────────────

 

part2の4へ続く。

 

【番外編】入院中のお楽しみ part2の2 9/12~9/18

入院も2週目に突入しました。まだしばらく続く予定ですので、どうぞお付き合い下さい。

 

↓先週分はこちら。

https://kuishinbo-ojisan.hatenablog.com/entry/2022/09/11/194010

 

───────────────────────

 

◆9月12日(月) 朝

9月12日(月)の朝ご飯 8:00


おや、ここ数日「みなれないやつ」がご飯のお供に付いてきていたけれど、今日は「みなれたやつ」がいるぞ。

 

野菜は「胡瓜とオクラのお浸し」。ネバネバとシャキシャキという異なる食感のハーモニー。味もほんのり酸味があって、朝の体に優しい。好き。

「味噌汁」の具は豆腐。けっこう固めの絹ごしで、個人的には好き。今回はそこまで具が少ないって感じではなかった。

メイン的なポジションは「千草焼き」。鳥挽き、青菜、ニンジンが入った和風オムレツみたいな感じ。出汁がきいててけっこう美味しい。おかずになる。

「みなれたやつ」は丸美屋のさけふりかけ。ド定番な味ながら、間違いない満足感がある。ふりかけご飯って、普段はおかずあるしって思ってそんなに食べないけれど、食べると美味しいなって必ず思う。日本の米食文化を語る上でもっと重要視すべき料理(調味料?)な気がする。

 

 

◆9月12日(月) 昼

9月12日(月)の昼ご飯 12:30


朝食後にシャワー浴びただけでヘロヘロになり、ちょっと寝て起きたらもうお昼。お腹空いてるかって? もちろんですとも。

 

野菜は「もやしのごま和え」。ごま和えというよりは、中華サラダ的な味のまとめ方。ツナが入って食べ応えはアップしてるけれど、食感の面ではちょっと邪魔してる感がある。歯切れ良くシャキッと食べたかったかな。

もう一皿の野菜は「里芋のみそだれかけ」。柔らかく茹でた里芋とニンジンに味噌ダレがかけられている。この味噌ダレ、味噌の風味と塩味と甘味のバランスがなかなか良い。味噌の風味が強すぎるのも、甘味が強すぎるのも個人的にはあんまり好きでないので、これは美味しくいただけた。

メインは「金目鯛の煮つけ」。病人食だからしっかり骨が取り除かれていて食べやすい。でも、先にボイルなど下処理をしてから汁で煮た感があり、かなりしっかり火が入っている割に味の沁み方が物足りない。部分的に魚臭さも若干感じられ、少し残念。薬味も白髪ネギより生姜が良かったなあ。汁がけっこう濃い目で美味しかった分、もったいない。

添え物の「絹さや」は、鯛の身にわずかながら香りが移ってしまっていて、上には乗せないで横に添えて欲しかったなあ、というのが正直な感想。

 

 

◆9月12日(月) 夕

9月12日(月)の夕ご飯 18:00


おかずに揚げ物があると、何て心強いんだろう。

 

野菜は「白菜のゆかり和え」。先週の水曜に食べたのは「白菜と胡瓜ゆかり和え」だった。キュウリが無い分、ゆかりの酸味と塩気を強く感じられる。

「きのこのソテー」は椎茸、しめじ、赤・緑ピーマンと入っているにもかかわらず、良くも悪くもエリンギの風味が強く感じられた。

メインは「鶏肉の立田揚げ」。けっこう大きめのが3つで嬉しい。食べてみると下味はしっかりついていて美味しく、鶏肉も柔らかくて良い感じ。ただ衣に関しては、揚げた後きちんと油を切らずに山積みにでもしていたのか、衣が油を吸ってしまいボロボロとした悪い食感になってしまっていた。こういうツメの甘いのは良くない。せっかく美味しいのに。

添え物の「いんげん」は特に味付けもないので消化試合です。

 

 

───────────────────────

 

 

◆9月13日(火) 朝

9月13日(火)の朝ご飯 8:00


今朝はパン。

 

サラダは「チーズサラダ」。サウザンアイランドドレッシングをかけていただく。チーズにこのドレッシングのチョイスは朝から重いんじゃないかと思ったけれど、食べてみるとそんなことも無かった。自分があんまり混ぜて食べなかったのもあるけれど、上部はドレッシングでしっかりした味、下部はドレッシングのバランスが少なくなった分をチーズが補強しつつさっぱり食べられた。

「スープ」は、優しい塩味のスープに大根が少々、葉が少々入っている。そもそもスープの量がちょっと少ないし、具は本当にちょっとしか入っていないので、けっこう残念な感じ。味は悪くないけどね。

パンは前回と同じで、丸い「パン」と「カスタードロール」の二種類。今回もほんのり温かい。そしてパンのサイズに対してマーガリンとジャムの量が多い。ジャムは今回アプリコットだったので、甘味のあるカスタードロールに酸味が加わる感じで、けっこうたっぷり付けても気にならずに食べられた。

最後に「牛乳」でフィニッシュ。

 

 

 

 

◆9月13日(火) 昼

9月13日(火)の昼ご飯 12:30


野菜は「胡瓜の酢のもの」。チクワ入ってるの珍しい。でも食べてみると普通の胡瓜の酢の物の味で、あんまりチクワは感じられなかった。

続いては「きんぴらごぼう」。普通にごぼうの歯ごたえある食感を想像していたけれど、食べてみてびっくり、何かね、すかすかなのよ。水を吸いきった割り箸のようと言うか、ごぼうにあるべき固さが全くない。逆にどうやって作るんだこれ。味付けは油控え目なきんぴらってだけなのでおかずにはなるけれど、最後までこの食感には慣れなかった。

メインは「焼きさばのおろしあん」。好きなんですよ、鯖。焼き鯖自体は塩気もほどよく、脂は控え目でもパサつく程ではなく、まあ普通に美味しい。おろしあんも味は悪くないんだけど、病人食だから嚥下しやすいように妙なとろみがつけてある。その舌触りがちょっと違和感あるよね。

添え物として「人参甘煮」。ニンジンの土臭さのようなものもなく、わざとらしくない甘さで美味しい。でも、鯖にくっついてたせいで少し鯖の匂いが移ってしまっていた。気を付けてほしい。

 

 

◆9月13日(火) 夕

9月13日(火)の夕ご飯 18:00


今日の夕食は、何て言うか、色味が無いな。

 

「サラダ」はレタス、キュウリ、コーン、赤ピーマン。ドレッシングはフレンチ。もちろん味はどうってことないんだけれど、赤ピーマンの皮がちょっと歯切れが悪くて、キュウリとレタスのシャキシャキ食感を邪魔している。惜しいですねえ。

コンソメスープ」には具としてタマネギ、しめじ、そして再び赤ピーマン。もちろんサラダと同じ赤ピーマンなので、食感がちょっと気になる。味が悪いわけでは無いんだけどね、中学生の調理実習みたいなスープだな、と。(辛辣)

メインは「めかじきのグラタン風」。私、めかじきも好きなんですよ。食べてみるとめかじきの味がしっかりと感じられた。食感もパサついてはおらず及第点。ベシャメルソースは薄味なのでちょっとボケているけれど、チーズの塩気とコクがカバーしてくれている。マッシュルームもちゃんと味・食感両面で仕事している。悪くない、美味しい。

添え物の「ブロッコリー」は特に味付けなし。でもそれで良いのです。

 

 

───────────────────────

 

 

◆9月14日(水) 朝

9月14日(水)の朝ご飯 8:00


入院10日目。そろそろ外の世界のご飯が恋しい。

 

野菜は「キャベツのお浸し」。具はキャベツとニンジン。シンプルで美味しい。朝こういう食感のあるもの食べると目が覚めて良いね。

「味噌汁」の具は先週土曜日ぶりの茄子。前回より茄子が柔らかくて、汁を吸っていて美味しく食べられた。

メインは「にしんの照り煮」。想像していたより身が柔らかくて、優しく甘辛い味付けとマッチして美味しい。これは良いおかず。ただ一緒に盛られた大根は一緒に煮込んだわけではないんだろうな、大根そのものは美味しかったけれど、にしんの魚臭さが触れてた部分にだけついていて違和感。一緒に煮るって大事。

味のりは本当に嬉しい。ご飯を巻いて食べると、これだな、って感じがする。

牛乳飲んでフィニッシュ。

 

 

◆9月14日(水) 昼

9月14日(水)の昼ご飯 15:30


今日もまた5時間にわたる超しんどい治療が終わり、ヘロヘロの状態で病室に戻った。疲れた体にカレーの香りが食欲を誘う。

 

「サラダ」はレタスにキュウリ、プチトマトに加え小エビが入っている。嬉しい。まあ味はマヨネーズ味なんですけどね。美味しいです。

メインは「ポークカレー」。濃い味に飢えているので嬉しい。さて一口……ん? もう一口……。おかしい。香りもコクも具材そのものの味もするのに、めちゃくちゃ味が薄いぞ。舌が馬鹿になったか? 恐る恐る「らっきょと福神漬」をつまんでみる。ああ、大丈夫だ。ちゃんと味がする。もう一回カレーを食べてみる。ダメだ、塩味も甘味も辛味もほとんど感じられない。何なら食後に飲んだ「ジョア(マスカット味)」の方がずっと味が濃い。

 

何という残念さ。無念。

 

 

◆9月14日(水) 夕

9月14日(水)の夕ご飯 18:00


昼食の無念を引き摺ったまま夕食。

 

野菜は「もやしのナムル」。「もやしの」と言いつつ、もやしよりニンジン、ほうれん草の方がずっと量がある。味は中華っぽい風味にリンゴ酢か何かかな、少し甘味のある酢の味。個人的にはあんまり得意じゃない味だった。

スープは「中華スープ」。具はワカメと豆腐。まあいわゆるワカメスープだね。悪くない。

メインは「カニ玉あんかけ」。箸で切るとけっこう強い弾力。食べてみると……また薄い……。別にね、薄味そのものがイヤなわけじゃないんです。薄味は嫌いじゃないんです。でもさ、おかずとして最低限欲しい味の濃さってあるじゃない。私、食事制限されてるわけじゃないんだから。うう、カニ(カニカマ)の塩気も玉子のコクや甘味も感じられない。念のためスープ飲んで確認したけれど舌はおかしくない。美味しくないわけじゃないんだけど……おかずには……ならない。

 

2連敗。

 

 

───────────────────────

 

 

◆9月15日(木) 朝

9月15日(木)の朝ご飯 8:15


今朝はパン。だからおかずの心配はいらない。(昨日のトラウマ)

 

野菜は「大根サラダ」。細切りの大根とニンジンが、酸味を抑えた和風ドレッシングで和えてある。食感も良いし、味も悪くない。ボリュームもそこそこあって嬉しい。

次に「ウインナーソテー」。嬉しい。ソーセージの類いが大好物なので、素直に嬉しい。ウインナーな皮のないタイプで、味はあっさりしたサラミって感じ。正直味には期待してなかったけれど、案外悪くなくてテンション上がる。一緒に柔らかくソテーされたタマネギも甘味があり、ウインナーの香りもついて食べ応えがある仕上がり。

で「パン」。今回は丸い「パン」が2個にいちごジャムが1つ。てことは……そうか、マーガリンは「カスタードロール」用だったのか。ようやく病院側の考えがわかった。パン2個にジャム一袋はちょうど良い量で、普通に美味しくいただけました。

牛乳飲んでごちそうさま。

 

 

◆9月15日(木) 昼

9月15日(木)の昼ご飯 12:30


午前中は久しぶりにのんびり過ごしお昼の時間。

 

野菜は「ミモザサラダ」。具は玉子の黄身、レタス、底の方に枝豆。うーん、確かに黄身は乗ってるけれど、これ、ミモザサラダって呼んで良いのかなあ……。ちょっと抵抗あるなあ……。味はフレンチドレッシングの味なんで、特に感想なし。

もう一品野菜「カリフラワースープ煮」。コンソメスープでカリフラワーとニンジン、タマネギが柔らかく煮てある。塩味も甘味もバランス良く、ほっとする味。

メインは「鶏肉のプロバンス風」。鶏肉はパサついてなくて及第点。トマトソースは酸味というかトマトの味が濃い感じなので、塩味は物足りないながらも薄味ってわけではなく、ちゃんとおかずになる。量が物足りないのが残念。

デザートは「すいかのゼリー」。開けるとスイカっぽい赤い色のゼリー。食べてみるとちょっとシャリシャリしてて(底の方凍ってる?)スイカっぽい感じが良く出ている。味はまあこんなもんか。

 

 

◆9月15日(木) 夕

9月15日(木)の夕ご飯 18:10


提供済みのご飯を目の前に主治医と話す。ちょっとタイミングずらして欲しかったですねえ。

 

野菜は「チンゲン菜ソテー」。食べてみると何かちょっとえぐ味がある。チンゲン菜ってこんななるか? 薄味がえぐ味を引き立てる。残念。

小鉢的なポジションが「涼ばん茄子」。これは美味しかった。ネギは香りと甘味、ゴマ油は風味とコク、少し強めだけれど角の立っていない酢の酸味も良い塩梅。皮をむいた茄子は柔らかすぎず、ひんやりとしていて爽やか。ご飯のおかずにもなる程度の塩味もあり優秀。美味しい。

メインは「肉団子のきのこあんかけ」。肉団子は薄味ってほどでもなく、餡もそれなりに塩味があり安心。おかずになる。ピーマンはちょっと餡の味に勝っちゃってて浮いてる感じになってたけれど、全体としては悪くなかった。

 

1勝1敗1分ですね。

 

 

───────────────────────

 

 

◆9月16日(金) 朝

9月16日(金)の朝ご飯 8:00


……おかずはどれだよ!

 

まずは「野菜」……と言いたいがこれがメインに当たるんだろうか。「小松菜の煮浸し」。食べてみると不思議とニンジンの味が強い。悪くはないけれど、良い塩梅とは言い難い。おかずになら……なくもないか、なあ。

「味噌汁」は銀杏切りの大根。味はまあ、そんなに薄いわけじゃないし、なんならさっきの小松菜よりおかずに出来るよね。

そして確実にご飯のおとも足りうるのは「あまのり佃煮」。個人的にはちょっと甘過ぎるんだけれど、こういう時には心強いなあ。

「温泉卵」は……みなさんおかずに出来ます? 何かのどんぶりに乗ってる分には良いですが、単体ではちょっとおかずにはならない。結果的に、今日の朝ご飯は圧倒的ご飯のおとも不足。

牛乳を飲みながら、今後どう白米と戦っていくか考える。

 

(後程ふりかけを購入しました。これで安心)

 

 

◆9月16日(金) 昼

9月16日(金)の昼ご飯 12:30


今日は検査だ何だと慌ただしい。慌ただしい合間のランチタイム。

 

野菜は「かぶの酢の物」。塩梅もほどよく、歯応えも良く、なかなか美味しい。カニカマはかなり細かく刻まれているので、食感を邪魔せず、隠し味的に旨味を加えてくれているのが好感。

小鉢的なポジションが「炒り豆腐」。しっかり水を切った豆腐の食感は挽き肉に近く、味付けもしっかりしているのでおかずになる。悪くない。

メインは「ハンバーグ照焼ソース」。弾力のある食感のハンバーグは下味もしっかりしていて、照焼ソースと相まって普通に美味しい。ご飯も進む。どことなくノスタルジックな味わいに感じるのは個人的な思い出なんだろうか。

付け合わせはいんげんと「人参甘煮」。どちらも照焼ソースがからまり、良い感じに美味しくいただけた。

 

うん、今回はちょっと元気出たぞ。

 


◆9月16日(金) 夕

9月16日(金)の夕ご飯 18:00


午後も色々あってくたくた。そんなところに中華でまとめてきましたか。嬉しいじゃない。

 

「サラダ」はツナマヨサラダ的なやつ。キャベツとキュウリとニンジンがツナで和えられている。食べ応えがあって良し。味も悪くない。

ご飯は「五目炒飯」。ちょっと具が細かすぎますねえ……。チャーシューと思われる小さな小さな肉片と

、これも細かな椎茸、目の錯覚かと思うようなニンジンのかけら、玉子、グリーンピース。なるほど、五目だ。味はちょっと薄ら呆けっとした味。油で炒めたものじゃない。パラッとしたおこわみたいな感じ。まあ、良いんです。ちょっとでも変化球が来てくれたら、それだけで嬉しいんです。

メインは「魚の葱ソースがけ」。これは美味しかった。ネギとゴマ油の風味、隠し味ほどの酸味、塩梅も良くメカジキの身にマッチしている。昨日の夜の「涼ばん茄子」と同じ方向性の味付けだね。この味付けは当たりなんだな。

最後にデザート。最初凍った状態で届いたのは、缶詰のやつっぽい黄桃。久しぶりに食べたな。味は想像通り。

 

まあまあ満足。

 

 

───────────────────────

 

 


◆9月17日(土) 朝

9月17日(土)の朝ご飯 8:00


13日目の朝。これは、ちょっと、質素だな。

 

野菜は「いんげん胡麻和え」。あんまり食感がキュッキュとしてなくて、個人的には食べやすい。ゴマの風味と塩梅も悪くない。

「味噌汁」はちっちゃな玉麩がみっつ。もう少し食べ応えが欲しいなあ。

メイン、なのかな。「高野豆腐含め煮」。上に乗ったさやえんどうは味付けなし。高野豆腐も、あんまり味が沁みてないなあ。一緒に入った椎茸はツルッとした食感で美味しいけどこちらも味沁みなし。おかずにはならんなあ。

「ふりかけ」があるので多少助かる。でもこのご飯の量にこのふりかけだけじゃ足りない。仕方がないので、昨日ゲットしたマイふりかけを追加。事なきを得た。

ジョア」はストロベリー。ここまで素朴な味が続いたので、味の濃さに驚く。

 

 

◆9月17日(土) 昼

9月17日(土)の昼ご飯 14:00


今日も長時間の治療。いつもよりは短めだったけれど、病室に帰ってからがしんどかった。

 

お昼のメインは「焼きそば」。食べやすくて良いね。いわゆる「ソース焼きそば」だけどソース感は控えめ。でも薄いってほどじゃない。良かった。具は豚肉、キャベツ、タマネギ、もやし、ニンジン、ピーマンとけっこう具沢山。でもちょっとピーマンの香りが強いかなあ。ソースが弱い分、少し気になった。とはいえ、ボリュームもそれなりにあり、たっぷりの青のりも嬉しく、けっこう満足。

「彩しゅうまい」は白、黄、緑の3食。色で味が違うかと思って味わってみたけれど、若干違うような気はすれど、明確な違いはわからず。味は普通に美味しかった。

デザートは「オレンジ」。こういうフレッシュな味が、けっこうシンプルに嬉しい。

 

 

◆9月17日(土) 夕

9月17日(土)の夕ご飯 18:00


お昼食べてからさっきまで寝ていたにもかかわらず、ちゃんと時間にお腹が空くから不思議。これだけしっかり食べているのに体重はちょっと減ってるからね。健康的な生活になってるのかしらね。いや、全然健康じゃないから入院してるんだけどね。

 

野菜は「ブロッコリーのお浸し」。味はまあお浸しなんですけど、ブロッコリーの味が完全に消えてる。えっこんな消える、ってくらい消えてる。味は悪くないんだけれど、もう少しブロッコリーの味を活かして欲しかったですねえ。

次に「大根の炒め」。非常に漠然としたメニュー名。棒状に切られた大根とニンジンが和風の炒め煮みたいな感じになっている。やたら大量のゴマが振りかけられていて、油気のないきんぴら的な味わい。悪くないけれど、特別な感想はなし。

メインは「鯖の七味焼き」。鯖は脂ものっていて、焼き加減も良く、普通に美味しい。七味は香りが飛んでしまっていてちょっと残念。ただ、ほんのりとした辛味が入院中には嬉しい刺激。鯖好きなんでね、単純に嬉しい。

添え物の「アスパラ」は特に何の味付けもないけれど、鯖にくっついてたせいで魚臭い。何故同じ過ちを繰り返すのか。患者アンケートを取るべきだな。

 

 

───────────────────────

 

 


◆9月18日(日) 朝

9月18日(日)の朝ご飯 8:00


今朝はパン。
 

野菜は「チキンサラダ」。レタスとキュウリの上に、チキンフレークっていうのかな、けっこうたっぷり乗っている。ドレッシングはイタリアン。食べ応えもあって悪くない。プチトマトも甘くて美味しかった。

「スープ」は白菜の入ったあっさりスープ。ただただ優しい。

パンは2種類。丸い「パン」と「ショコラロール」。さて、これにこの量のマーガリンとりんごジャムをどう使うか……。とりあえずショコラロールを一口食べてみる。あ、美味しい。ほんのりとした甘味とバター由来と思われる塩味に、チョコの香りと微かなビター感が合わさって普通に美味しい。これは何も付けたくないな。ということで、もう一個のプレーンなパンの方にマーガリンとりんごジャムを全投入。ある意味贅沢な食べ方。

牛乳飲んで今日も一日が始まる。

 

 

◆9月18日(日) 昼

9月18日(日)の昼ご飯 12:30


日曜は何もないのでけっこうヒマ。となると楽しみなのはご飯ですよね。ヒマじゃなくても楽しみですけど。

 

「サラダ」はレタスとキュウリに加えて小エビも乗っている。ドレッシングは減塩サウザン。生野菜って良いなって思う今日この頃。

「野菜ソテー」はキャベツと赤ピーマン。ちょっと盛り付けが良くないなあ。味は何てことない味。病院食はほんと、こういう何てことない味が多い。

メインは「めかじきチーズ焼き」。食べてみると、うーん、そのまま食べる分には悪くないけど、ちょっとおかずにするには薄味だなあ。トマトソースは見た目より主張が少ない。チーズももう少し欲しいなあ。めかじきそのものの味は美味しいけれど、これも下味がしっかり欲しいところ。

添え物のブロッコリーは味付けなし。今回は全品あっさりですね。

 

仕方がないので隠し持ったふりかけでご飯を食べた。うーん、物足りない。

 


◆9月18日(日) 夕

9月18日(日)の夕ご飯 18:00


久しぶりの穏やかな時間を楽しんでいたらもう夕食の時間。

 

野菜は「小松菜の辛子あえ」。うっすらカラシの風味がするお浸しってとこですね。もう少しカラシが強くても良いんだけどなあ。

小鉢的なやつは「生揚げと人参の煮物」。これはね、ちゃんと美味しかった。生揚げも味沁みてるし、食べ応えがありました。

メインは「魚の粕漬け焼き」。なるほど、確かに酒粕の風味。脂も多少のっているけれど、ちょっと塩味が物足りないなあ。と、言うことで、これまた隠し持った醤油を取り出すしかありませんなあ。大根おろしに醤油をかけて、魚と一緒にいただく。うん、美味しい。久しぶりに外の世界の塩味を感じる……。うう……。

 


───────────────────────

 

part2の3へ続く。

https://kuishinbo-ojisan.hatenablog.com/entry/2022/09/26/083724

【番外編】入院中のお楽しみ part2の1 9/5~9/11

わけあって9月5日(月)から入院となりました。

5月に入院したとき同様、食事制限はなしです。

なかなか入院中の食事を毎食レビューするひとも少ないと思うので、良かったら読んでやって下さい。

 

ちなみに料理名はメニュー表に書いてあった通りに記載してます(カッコ書きのがそうです)。なのでレビュー内に漢字と仮名が混じることがありますが、書きグセもあるのでご容赦下さい。

 

───────────────────────

 

◆9月5日(月) 昼

9月5日(月)の昼ご飯 12:35


記念すべき(?)今回の入院1食目。

ライトに背を向けて食べる形になるので、写真が非常に撮りづらい……。でも今回の病院(前回とは別の病院)はお品書きが毎食付いてくるので、レビュー書くのに役立つ。

 

今回も野菜から順にゆっくり食べていく事を心がけたいと思います。

 

まずは「キャベツソテー」。キャベツソテーと言いながら、キャベツの他にニンジンと椎茸も入っている。病院らしい優しい味付けで、素材の甘味が際立つ。

次に付け合わせの「ピーマンと玉葱ソテー」。1食で野菜のソテーが2種類……。一緒にしても良いんじゃ、と思ったけれど、それだとメインのビジュアルが悪いね。必要必要。味はこちらも優しい味付けで、素材の甘味が際立つ。(2回目)

メインの前に「うの花」を一口。うん、家庭的なね、素朴な味付けで。まあ、普通ですね。

そしてメインは「ローストチキン柚子胡椒風味」。お肉はパサついてなくて良い感じ。味付けは控えめだけれど柚子胡椒のおかげで味がグッとしまっている。とはいえ、おかずとしては若干弱い。病院食ですねえ。

ちなみにご飯は毎食220gなので、大盛一膳ってところかしら。炊き加減は程よい感じ。

 

汁物がないのがちょっと寂しかったけれど、まあまあ満足。

 

 

◆9月5日(月) 夕

9月5日(月)の夕ご飯 18:00

 

最近家ではずっと寝たきりだったから、検査だなんだでけっこう疲れた(移動は車椅子に座ってただけだけど)。お腹も空いたぞ。

 

まずは「もやしと胡瓜のナムル」。爽やかな酸味が疲れた体に嬉しい。ほどよくしゃきしゃきとした食感も良い。

次に「里芋の煮付」。良い塩梅に味が沁みていて美味しい。ギリおかずになりそうだったけれど、うっかりパクパク食べきってしまった。

メインは「魚の甘酢あんかけ」。野菜はニンジン、ピーマン、タマネギ。あんかけは味付け控えめなせいもあって、ちょっと酢の香りが目立ってしまっている。鱈もちょっとパサついていて、うーん、ちょっと残念。

 

夜も汁物なかった。

汁物は出さない方針(?)なのだろうか……。

 

 

───────────────────────

 

 

◆9月6日(火) 朝

9月6日(火)の朝ご飯 8:00

強敵


2日目の朝。

汁物出た! 嬉しい。

 

まず野菜からということで「白菜のお浸し」。内容は白菜、ニンジン、もやし。たっぷりおかかがかかっているので旨味を感じる。ほどよくシャキッとした食感が目覚めに良い。(起きて2時間経つけど)

「味噌汁」は豆腐とちょっとのネギ。気持ち薄いけれど病院だからしかたない。

メインは「スクランブルエッグ」。ミックスベジタブル入りでケチャップをかけていただく。ご飯のおかずとしてはちょっとパンチがないけれど、まあまあ、全然許容範囲ですよ。

で強敵なのが「うめひしお」と名乗るチューブの梅。私、好き嫌いほとんどないですが、梅干しはちょっと苦手なんですよね……。でも出されたものは残さない精神で、ご飯にかけていただく。うん、酸っぱいね!でもご飯の進む塩梅で、梅干し好きな人ならダイレクトに吸っても美味しいんじゃないでしょうか。

最後に牛乳。前回の入院では、けっこう朝の牛乳が重たく感じたけれど、今回はどうせ出るだろうと身構えていたのでむしろ嬉しかった。

 

 

◆9月6日(火) 昼

9月6日(火)の昼ご飯 12:45

 

まあまあ大変な処置を受けた直後のランチ。食欲は大丈夫かって? 私を誰だと思ってるんですか。


お昼は洋食なラインナップ。

 

まずは「ブロッコリーサラダ」。プチトマトも入っていて見た目に嬉しい。フレンチドレッシングをかけていただく。ブロッコリーは固すぎず柔らかすぎず、ちょうど良いんじゃないでしょうか。

次に付け合わせの「人参グラッセ」とアスパラをいただく。ニンジンは甘くて柔らかくて美味しい。アスパラはもう少し食感あっても良いなって思ったけれど、これは好みの範疇。

まだメインには行かずに「じゃが芋コンソメ煮」をいただく。うん、これおかずになるぞ。コンソメとベーコンの塩気が良い具合にじゃがいもに沁みていて美味しい。タマネギの甘味も良い。

満を持して、メインの「クリームソースかけ」。メニュー名だけみると何だか良くわかりませんが、鱈にクリームソースがかかっています。とりあえず一口……。うん、まあ、悪くはない。でもクリームソースの味付けが控えめなのと、鱈そのものは味気ないので、全体的にぼんやりした印象。まあね、3食も食べると舌が薄味になれてくるもので、おかずにはなりました。

ちょっとご飯がやわらかかったかな。

 

 

◆9月6日(火) 夕

9月6日(火)の夕ご飯 18:00


お昼の後にリハビリもあったのでくたくた。もちろんお腹はペコペコ。

 

まずは「小松菜のごま浸し」。たっぷりのごまの風味が満足感をアップさせている。でも味付けは控えめなのであっさりといった印象。しかし、小松菜の割には小松菜っぽい味とか香りとかあんまり感じない。一口目はほうれん草かと思った。けっこうやわらかかったし、クセは抜けてしまったのだろうか。

汁物は「かきたま汁」。うーん、玉子が粉々過ぎてちょっと物足りない。

メインは「豚肉と野菜のみそ炒め」。野菜は赤ピーマンとタマネギですね。けっこうしっかりとした味付けで美味しい。味噌のコクと甘味、後味に残るピリ辛感。病院にしては濃いめな感じで嬉しい。ご飯が進む。

 

 

───────────────────────

 

 

◆9月7日(水) 朝

9月7日(水)の朝ご飯 8:00


3日目の朝。良かった、昨日の強敵はいない。

 

まずは「ほうれん草のお浸し」。ほどよいしゃきしゃき食感が良い感じ。おかかも味がしっかりしているので、薄味だけど満足感ある。

「味噌汁」は少しのタマネギに玉麩が3つ。タマネギの甘味が感じられ、個人的には好きな味。

玉子焼きかと思ったら「擬製豆腐」という料理。揚げてないがんもどき的なやつ。豆腐の中にはニンジン、椎茸、インゲンが混ぜられている。良く味の沁みたがんもどきって感じで美味しい。予想以上にご飯のおかずになる。

「ふりかけ」はたらこ。正直たらこの風味はあんまりなかったけれど、入院中のふりかけって何か嬉しいんだよね。

最後に牛乳。お腹にズシンときますね。

 

 

◆9月7日(水) 昼

9月7日(水)の昼ご飯 16:00


昼を跨いで長時間の治療があり、やっと病室へ戻ったのは16時頃。お腹空いたー、と思ったらお昼は取っておいてくれた様子。生き返るー。

 

野菜は「白菜と胡瓜ゆかり和え」。しゃきしゃきとした食感で食べ応えがある。味付けは控えめながら、ゆかりの香りと酸味が嬉しい。

次は「大根の含め煮」。具は大根、椎茸、ニンジン、さやえんどう。疲れてる体に煮物は沁みるなあ。ほっとする味。

メインは「さばの味噌煮」。普通にしっかりとした味わいで、さばもほどよく脂を残していて美味しい。さば好き。満足。

 

 

◆9月7日(水) 夕

9月7日(水)の夕ご飯 18:00


さっき(16時)に食べたばかりだから後で食べてもかまいませんよ、と看護師さんに言ってもらったが、いやー、温かいご飯目の前に出されたら、冷めるのを待つことは出来ませんて。

 

野菜は「キャベツと豆のサラダ」。フレンチ系のさっぱりとしたドレッシングで和えられていて、キャベツの食感とツナの旨味で美味しい。豆も食べ応えあって嬉しい。

メインに添えられたブロッコリーは特に味付けはされていない。でも私基本的にはブロッコリーはそのまま派なので問題なし。

「南瓜の洋風煮」は……、洋風かはわからないけれど、醤油の入ってない南瓜の煮物といった感じ。まあ普通に美味しいですよ。

メインは「和風ハンバーグ」。ハンバーグはプリッと弾力のある食感。下味もしっかりしているので、特にソースがなくても美味しくいただける。ご飯が進むなあ。和風のおろしソースは、ちょっと大根のえぐ味みたいなのが感じられ、正直無くても良かったかも知れない。

 

さすがに食事のインターバル短くて、食後はちゃんと満腹感あったけれど、それも食後30分ほどで消え去ってしまうのであった。

 

 

───────────────────────

 

 

◆9月8日(木) 朝

9月8日(木)の朝ご飯 8:00


4日目の朝。

野菜は「和風野菜炒め」。薄味の出汁で味付けされていて、具はキャベツ、タマネギ、ニンジン、さつま揚げ。炒め物の油っこさがなくて、朝の胃に優しい(朝から焼き肉でも大丈夫な胃ですけど)。

「味噌汁」の具はネギと大根。大根はかなり細切りで、やや食感を残している。個人的にはもう少し太くてやわらかくて味が沁みてる方が好きだな。

メインは「いわしのかつお煮」。見た目はいわし、食べるとかつお。美味しいんだけど、いわしである必要には疑問。良いおかずにはなりました。

あと、漬け物枠で味のりが付いてきた。地味に嬉しい。

最後に牛乳でフィニッシュ。

 

 

◆9月8日(木) 昼

9月8日(木)の昼ご飯 12:30


午前中は何もなくて、入院して初めてのんびりした時間を過ごせた。それでもお腹は空くもので……。

 

野菜は「小松菜のごま和え」。前回小松菜感があまり感じられなかったので改めてよく味わってみたけれど、やっぱりあんまり小松菜強くない。まあ食べやすいから良いけど。

メインの付け合わせは「インゲンソテー」。インゲンは子供の頃めっちゃ食卓にのぼってた記憶があって、正直そんなに好きじゃないけれど、普通に美味しくいただきました。

今回は野菜が豊富で「野菜のクリーム煮」もある。カリフラワーとミックスベジタブルが、さらっとしたクリームスープでやわらかく煮込まれている。おかずに出来なくもない感じ。

メインは「バーベキューチキン」。甘辛いバーベキューソースと香ばしい焼き加減が食欲をそそる。肉も余分な脂は落ちている感じで、うん、なかなか美味しい。お肉屋さんのお総菜とかで売ってそうな感じ。

何と今回はデザートまで付いてきた。ぶどうゼリー。まあ何てことない味だけれど、甘味に飢えていたので嬉しい。満足。

 

 

◆9月8日(木) 夕

9月8日(木)の夕ご飯 18:00

 

リハビリとも言えないような軽い動作でくたくた。

早く良くなって欲しいなあ。

 

野菜は「華風和え」。「中華っぽいけど和風の春雨サラダ」的なやつ(春雨入ってないけど、味がね)。うーん、全体的に酢の酸味が強い感じ。キュウリも入れて欲しかったなあ。

次は「里芋の鶏味噌がけ」。味噌っていうか、そぼろ餡。里芋もちゃんと味してて美味しい。おかずに出来る。

メインは「魚の香味焼あんかけ」。初日の朝も似たようなやつだったぞ。あんまり期待せず一口。うん、初日のやつよりは美味しい。鱈は若干パサつきながらもギリギリ旨味を残している。餡もほどよい塩梅。悪くない。

 

 

───────────────────────

 

 

 

◆9月9日(金) 朝

9月9日(金)の朝ご飯 8:00

のりの佃煮


5日目の朝。
またあの天敵登場かと思いきや、色違いでした。

 

野菜は「いんげんのお浸し」。悪くはないんだけれど、私、このキュッキュッとした食感ちょっと苦手なのよね……。まあワガママは言わずちゃんと味わって食べましょう。

「味噌汁」は、わずかばかりのネギと、申し訳程度のお麩。これじゃ流石に具がないのと同じでは……。

メインか小鉢か悩ましいのが「カニ風味高野のあんかけ」。グリーンピースの見た目が愛らしい。よく見ると、カニ風味のあんかけなのかと思いきや、高野豆腐の間にカニ風味のすり身を挟んで蒸してある様子。なるほど「カニ風味高野」の「あんかけ」ね。食べてみると、うーん、高野豆腐には味が沁みているわけでもなく、薄味の餡だけではカバーしきれてない感じ。すり身部分も塩分控えめな感じなので、お世辞にもメインのおかずとは言えんなあ。味そのものは悪くはない。

と、なると必要になってくるのがこのスティックタイプの「あまのり佃煮」。けっこう甘味が強く、醤油の味も強い。海苔の風味もするけれど、まあこんなもんかな、って感じ。

最後に牛乳でフィニッシュ。

 

 

◆9月9日(金) 昼

9月9日(金)の昼ご飯 12:45


2時間ばかし針刺されたりなんだりされて、すっかりくたくた。「部屋に戻ったらすぐ食べられますか?」と看護師さんに聞かれたので、サムズアップで応えた。

 

野菜は「春雨サラダ」。えっと……、このマヨネーズをかけて食べるのかな? とりあえずマヨネーズを全部投入し、混ぜ混ぜして一口。うん、なるほど、キュウリとハムと錦糸玉子と春雨をマヨネーズで和えた味だ。それ以上でも以下でもないけれど、嫌いじゃないぜ。

次は「大根のコンソメ煮」。これも名前通りの味。ベーコンがしっかり出汁になっているので、大根もニンジンも食べ応えある味わいになっている。

メインの付け合わせは「茹で野菜」ということで、小松菜とシメジ。特に味付けはなし。

最後にメインの「白身魚のチリソース」。片栗粉の衣で揚げられた白身魚をチリソースで和えた一品。白身魚は淡白だけれど、まあまあ良い塩梅のチリソースのおかげで、そこそこ美味しく仕上がっている。悪くはない。

 


◆9月9日(金) 夕

9月9日(金)の夕ご飯 18:00


先生から今後の治療予定の説明を受けたりしていたらもう夕飯の時間。おっ、今回は今までと雰囲気が違うぞ。

 

まず野菜は「白菜のごま和え」。白菜のごま和えって初めて食べる気がするけれど、白菜とキュウリのさっぱり感に、ごまの風味とコクが合わさってけっこう美味しい。家帰ったらやってみよっと。

そしてご飯は「山菜ごはん」。何か味ごはんって気分アガる。味はまあ何てことないんだけれど、心に沁みるなあ、って感じ。美味しい。

メインは「肉豆腐」。味付けは悪くない塩梅。出汁取りきった感のある牛肉の味気なさを、タマネギとニンジンが補ってくれている。で、問題は焼き豆腐ですよ。焼き豆腐、めちゃくちゃ好きなんで。さーて、どうかな……。残念! 全然味が沁みて無いじゃないのよ! がっかり。

デザートはオレンジ。入院中のデザートは本当に嬉しい。

 

何だかんだ言って、この5日間では一番満足。

 

 

───────────────────────

 

 


◆9月10日(土) 朝

9月10日(土)の朝ご飯 8:00

見慣れないやつ


6日目の朝。
また何かいるな。

 

「味噌汁」は茄子。味が沁みてないのがちょっと残念。

メインに当たるのが「大根の金平風」。大根とニンジンの煮物が金平風の味付けでまとめられている。ゴボウのような食感はないものの、味わいは金平のそれだし、油っけが少ない分食べやすい。悪くない。おかずになる。

「温泉卵」が何気に嬉しい。何かお得感あるよね。まあ、卵は固茹での方が好きですが。

で、見慣れないこいつ。「たいみそ」というだけあって、原材料は味噌と鯛。ご飯にかけてみると、見た目はただの味噌。味は──、甘い。かなり甘い味噌で、鯛感は特に感じなかった。見慣れることはないだろう。

今朝は牛乳のかわりにジョア(ストロベリー)。ちょっと嬉しかった。

 

 

◆9月10日(土) 昼

9月10日(土)の昼ご飯 15:30

五目+あんかけ+うどん


午前中から5時間治療を受け。ヘロヘロになりながら病室に戻るともう15:30。ご飯食べますかって? あたぼうよ!

野菜は「胡瓜の華風酢の物」。先日の華風なんちゃらがちょっと酢が勝ち気味で残念な感じだったけれど、これは酸味と甘味のバランスも良く、美味しい。具はキュウリの他にワカメとカニカマ。冷静に味わうと、普通に酢の物って感じで、あんまり華風感はないような気もする。

サイドをかためるのが「豆腐シュウマイ」。食感は普通にお肉っぽくて、味もそんなに豆腐豆腐してない。ちょっとあっさりしてクセのないシュウマイって感じで、個人的には好き。

メインは6日目にしてついに麺類。「五目」と「あんかけ」と「うどん」が別皿になっているので、合体させていただく。冷めちゃってるし、うどんはほぐれないしで残念な感じだけれど、疲れた胃にあっさりした餡と茹で置きのうどんが優しい。何気に具沢山で豚肉、白菜、タケノコ、ニンジン、さやえんどう、椎茸に加えてエビも入っている。嬉しい。

 

 

◆9月10日(土) 夕

9月10日(土)の夕ご飯 18:00


今日の夕飯は……、とんかつだああ!

 

平静を装って野菜から。「キャベツの生姜あえ」。生姜の風味はさほど感じられず。ザクザクとした食感でメインへの助走をつける。

付け合わせの「ボイルいんげん」は消化試合だ。味はボイルしたいんげん。単純な話さ。

血糖値を緩やかに上昇させたら、お楽しみの「とんかつ」。まあ正直言って衣はふにゃふにゃだし、肉に厚みも脂もないけれど、入院中にとんかつってのが嬉しいじゃあないか。私は今とんかつを食べてるんじゃない、とんかつという「料理名」を食しているのだ。(錯乱)

最後にデザート、なのかな、これは。「さつまいも甘煮」は温かいく、さつまいもの素朴な甘味と、時々顔を出すレーズンの酸味が愛らしい一品。変に加糖してなくて好印象。

 

 

───────────────────────

 

 


◆9月11日(日) 朝

9月11日(日)の朝ご飯 8:00


7日目の朝。

先日の朝分からはメニューを自分で選んでいます。この病院だと火曜に次の土曜から一週間分のメニューが配られ、朝昼夕それぞれ2パターンからチョイスして水曜までに提出、というルールのようです。私は完全にご飯派なのですが、気分転換に今日から1日置きに朝食はパンにしてみました。

 

前置きはともかく、まずは野菜から。「ハムサラダ」ということで、レタス、キュウリ、ニンジンに加え細切りのハムが入っています。サウザンアイランドドレッシングをかけていただきます。これ、今回パンにしたからかな、けっこうボリュームあって食べ応えがある。味も悪くない。

次にマグカップ入りの「コンソメスープ」。気持ち大きめに切られたタマネギがけっこう入っている。ちょっとタマネギの主張が強いかなあ。どうせならトロトロになるくらいやってくれたら良いのに。

で、パン。パンは二種類で、パッケージには丸い方は「パン」、もう一個は「カスタードロール(菓子パン)」と書いてあった。なるほど、それに対してマーガリンとりんごジャムのパックが1つずつ、と。うーん、これは使い方が難しいぞ。まずは「パン」の方をちぎってみる。おっ、温かい。これは嬉しい。とりあえずマーガリンを乗せてみたけれど……、この大きさにこのマーガリンは多いなあ……。半分で良いのに。でも残すのはイヤなのでたっぷりつけて食べてみた。うん、やっぱり多すぎるね。「カスタードロール」はどんなものかと小さくちぎって食べてみる。なるほど、ほんのりカスタードの味がする(練り込まれてる)ロールパンて感じね。優しい甘味で美味しい。そこにりんごジャムをたっぷり注入。無くても良いんだけどね、ジャム単体で食べるのはちょっと気が引けるからね。結果的にやや甘々な感じになってしまったけれど、これはこれで悪くない。

 

今後の朝は「見慣れないやつ」と「多すぎるマーガリン&ジャム」との戦いを交互にしていく事になるんだろうか……。

 

 

◆9月11日(日) 昼

9月11日(日)の昼ご飯 12:30


入院中の日曜って治療も検査もないからとっても静か。そんな中、12時になっても食事が届かず、看護師さんも「すいませんまだ届かなくて」なんて言ってちょっとざわつく。平和だなあ。

 

野菜は「青菜とえのきの浸し」。何で今まで「お浸し」だったのに、これは「浸し」なんだろう。まあどうでも良いんですけどね。錦糸玉子が乗っているので見た目が良い。味は見たまんまなので、特別な感想はないです。

「揚げなすのそぼろあん」は、揚げ茄子そのものには味付けされていないので、そぼろあん頼みな感じ。ご飯のおかずにするには薄いけれど、そうでなければあっさりと良い塩梅。なかなか美味しい。でもメインのおかずだけではご飯を処理しきれないのでね、ありがたい事にそぼろあんはたっぷりかかっているので、茄子を食べた後に残った餡をおかずにした。

付け合わせは「ししとうソテー」。これが美味しくなかった。何かね、水道水みたいな匂いがしてね、全然美味しくないのよ。

メインは「鶏肉の胡麻焼き」ですが、さっきの美味しくないししとうの香りがこっちにも移っちゃってて、味は悪くないんだけど、何か残念な感じになっちゃってる。お肉もプリッとしてて、悪くないんだけどなあ……。

 

なあ、ししとう。お前どうしちゃったんだい?

 


◆9月11日(日) 夕

9月11日(日)の夕ご飯 18:00

病人のためのビーフシチュー


今日は本当にずっと横になっていた。それでもお腹はしっかり空くのです。なんなら15時頃、無性にお腹空いてグミ食べてしのいだからね。

野菜は「海藻サラダ」。パッと見、海藻ないじゃん、て思いましたが下の方にワカメと何か白いやつ(サラダバーとかにいる白いあいつ)が隠れてました。そこそこ食べ応えあって満足。

もうひとつ野菜は「アスパラソテー」。ちょっと柔らかくなりすぎかなあ、まあそれは好みか。特別な味付けがされているものでもないので、メイン前の助走って感じだね。

今回のメインは「ビーフシチュー」。何か特別感があって良いね。お肉は薄切りで、やや固さは感じるものの許容範囲。タマネギ、じゃがいも、ニンジン達野菜は良い感じ(ちなみにブロッコリーはメニュー上「ボイルブロッコリー」として別扱い。仲間に入れてやってくれよ)。病人食ですからね、どうしても味は薄めだしコクも今一つだけれど、悪くないお味でした。

 


───────────────────────


part2の2へ続く。

https://kuishinbo-ojisan.hatenablog.com/entry/2022/09/19/124326

【お知らせ】また入院しました

また入院しちゃいました。

今度は最長1ヶ月。治療のための予定入院です。

 

数日前にも体調書きましたが、5月の入院からずっと寝たきり生活で……、今回の入院で少しでも良くなればなと思っています。

 

今回もマジでなんの役にもたちませんが、病院食のレポートはしたいと思います。病院名もさすがに書くのはちょっと……なので、マジでなんの役にもたちませんが、暇潰しにでもなれば幸いです。

(ちなみに寝たきりでも食欲は健在で、不思議と太りもしてません)

 

それでは、お楽しみに。

【ステーキガスト 川崎菅生店】こぶしハンバーグ ¥999(税別)+カレーバーセット ¥363(税別)

メニュー

 

病院帰り、久々の外食。テンション上がるぅ。

ここしばらく車椅子生活で、外出ただけでもウキウキなのにね。

 

ステーキにするかハンバーグにするか、かなり悩んだ結果、金額とボリュームを考慮してこぶしハンバーグをチョイス。ライスセットみたいなシンプルなセットがないので、カレーバーセットにした。

 

カレーバーのカレー

 

自力で歩いて行けないので、奥さんにカレーとスープをお願いした。

カレーは見た目の期待値はかなり高かったけれど、食べてみると普通。まあ普通に美味しい。変に美味しすぎると食べ過ぎちゃうからね、これくらいで良いのです。

 

こぶしハンバーグ

 

メインのハンバーグは220gとそこそこのボリューム感。

 

こぶしハンバーグ

 

ナイフを入れると表面はパリッとしているけれど、中はかなりレア。適度に切り分け、ペレットで火を通していく。

一口食べるとほどよくジューシーで、食感は肉々しい。熱々で美味しいわあ。

ソースはけっこう種類があって嬉しい。

 

おうちのご飯も美味しいけれど、やっぱり外食には外食の楽しさがあるよね。満足。

【すき家】ほろほろチキンカレー(大盛) ¥820

ほろほろチキンカレー(大盛) ¥820

 

奥さんが「お昼すき家買いに行くけど何が良い?」というのでネットでメニューを見てみる。

特別カレーが好きってわけではないけれど、チキンは特別好き。ほろほろチキンカレー……、チキンレッグ1本丸々付いているのにこの値段か。安い。

と、言うことでほろほろチキンカレーの大盛をチョイス。

 

ほろほろチキンカレー(大盛) ¥820

 

実物は思ったよりボリューミー。

 

まずスプーンでチキンを崩してみる。おお、すごい、本当にほろほろしてる。骨からも簡単に外れるので、スプーン1本でストレスなく食べられる。

そのまま一口食べてみると、ターメリック等の香辛料の香りと控えめな下味が、カレーと食べることを前提になっていて良い感じ。

 

次にカレーのルーだけ。

うん、スパイシーで美味しい。煮崩れた野菜の甘味とほどよい辛味、私の好きなクミンの香りもある。普通に美味しいんですけど。

 

満を持して、チキンとライスとカレーを合わせて食べる。ああ、これ好きだわ。すき家の正解出ちゃったわ。そんなにチェーン店って好んで行かないけれど、これは食べに行っちゃうやつだわ。

 

付け合わせの漬物と、玉ねぎのピクルスみたいなやつもカレーに合う。

 

また食べよう。絶対。

【ステーキ宮】自家製ハンバーグ200g弁当 ¥745(税込)

持ち帰りメニュー①

持ち帰りメニュー②

 

奥さんや子供達が外食先で【ステーキ宮】へ行ったと連絡が。寝たきりの私はもちろんお留守番。

ハンバーグが食べた過ぎてテイクアウトをお願いした。

 

自家製ハンバーグ200g弁当 ¥745(税込)

 

自家製ハンバーグ弁当。

ハンバーグは200g。ご飯大盛無料。

 

自家製ハンバーグ200g弁当 ¥745(税込)

 

ソースはオニオンソースにしてくれた様子。

内容はハンバーグ、フライドポテト、コーン、ブロッコリー、柴漬け。運ぶ途中で、柴漬けの中にコーンが飛び込んだり、コーンが柴漬け色に染まっていたりするのはご愛敬。

 

ハンバーグのアップ

 

軽くレンジで温めて、ハンバーグにソースをかけていただきます。

 

まずはハンバーグ。

さすがに肉汁ジュワーって感じじゃないけれど、一旦冷めたにもかかわらずパサつきはなくて、良い感じの弾力がある。ジューシーさもあって美味い。玉ねぎ主体のソースもご飯に良く合う。

 

ポテトはちょいパサ。まあこのくらいは許容範囲。

ブロッコリーはお弁当にありがちな水分抜けた感じではなくて、まあまあ瑞々しさが残っている。

コーンは甘過ぎず、って感じ。

柴漬けが何か妙に美味しく感じた。

 

値段の割にボリューム感もそこそこあって、なかなか良いお弁当でした。満足。

 

 

 

 

 

※以下、近況報告(読み飛ばし可)

新型コロナウイルス後遺症により、5月から未だ休職中です。

倦怠感がひどく、1日のほとんどを寝たきりで過ごしています。トイレくらいは自力で行けますが、杖がないと歩けないくらいです。外出は通院くらいしか出来ず、車椅子必須。なかなか外食出来ませんねえ。おうちご飯も美味しいですが、今まで散々外食して好きなもの食べてきたので、ストレスとまでは言わないですがもどかしい気持ちですね。

ブレインフォグもひどく、ある程度長い文章になると読めないですし、認知機能も低下しています。今まで人としゃべることが多い仕事をしてきましたが、言葉が出てこないし疲れてしまうので、家族以外との会話やメールはかなり難しいです。今日は比較的体調が良い(寝たきりですけど)ので、久しぶりにこんな長い文章を書いてみました。

ありがたいことに味覚異常や嗅覚異常はないですし、気分の落ち込みもないので、どうにか楽しくご飯を食べて過ごしています。

まだまだ治るまでは長くかかりそうですが、時々はこうしてブログをアップしていきたいです。

以上、近況報告でした。

【有限会社マルトシ吉野商店】鮭寿 切り身 大セット¥5400

暑中見舞

 

知り合いの税理士から暑中見舞が届いた。

なんだろう。

 

蓋を開けると──

 

しっかりとした木の箱を開けると、中から出てきたのは鮭の切り身。

 

5切れ入り

 

調べてみたら(失礼)、なんとまあ一切れ¥1000もするじゃないの。そんな高い鮭は食べたことない。感謝感謝。

 

個包装

 

切り身は個包装されていて、冷凍状態。

 

原材料は鮭と塩のみ

 

原材料は鮭と塩のみとシンプル。

重さは一切れ130g。

 

せっかくなので奥さんの実家に持っていき、大人たちでつついて食べることにした。

 

魚焼グリルで焼きました


しっかりと焼いていただきます。

 

まずは身。

噛むとまるで肉のようにしっかりとした食感。塩を振って干されているからか、身がぎゅっとつまっている感じ。

塩気はやや辛め。余計な脂は落ちていて甘味は少ないけれど、鮭らしい旨味を感じる。生臭さや魚臭さは全くない。さすがに美味えや。

腹側は身が薄いせいか、かなり塩辛い。刻んでおにぎりの具にしたり、お茶漬けにすると良いかも。

 

次に皮。

パリッと焼いた皮は、こちらも脂が落ちているため魚臭さがなくて食べやすい。香ばしさと旨味が口に広がり、うーん、ご飯が進む。

 

普通にスーパーで買う鮭の切り身との大きな違いは、やっぱり余計な脂が落ちていて甘味の少ない点かしら。人によっては塩辛い部分もあるかもしれないけれど、鮭そのものの風味や旨味はしっかりと感じられ、生臭さが全くないので、おにぎりやお茶漬けには抜群に合いそう。逆に脂が乗ってる方が好きな人には物足りないかも。

 

自分で買うにはさすがに高いなー、とは思うけれど、いやいや非常に良い経験になりました。

まだ残ってるから大事に食べよっと。

【日高屋】バクダン炒め定食 ¥700+ご飯大盛 ¥60

バクダン炒め定食 ¥700+ご飯大盛 ¥60


朝から遠出して通院。

待ち時間が大変長いので、診察前にランチ。

杖ついてる状態なのであまり選択肢がなく、近くにあった日高屋へ。

 

迷わずバクダン炒め定食をチョイス。

やっぱり好きな味。

見た目には豚キムチっぽいけれど、甘味はやや控えめで、キリッとした辛みと中華の肉野菜炒めの旨味、そして香ばしさがバクダン炒めのテイスト。

ボリュームもとても良い。

 

正直ハズレのメニューもあるけれど、日高屋はチェーン店の中ではけっこう好きな方。

 

↓前回はこちら。


【日高屋】Bやきとり丼セット(野菜たっぷりタンメン) ¥750 - 楽しくなければごはんじゃない

【Hotto Motto】幕の内弁当(なす味噌炒めとさばの塩焼き) ¥590

幕の内弁当(なす味噌炒めとさばの塩焼き) ¥590


今日は家族の介助のもと病院へ。

けっこう遅くなってしまい、ランチを逃したまま14時を過ぎてしまった。なのでお弁当を買って帰ることに。

 

先日と同じほっともっと。

前回は飛び込みで購入したらけっこう待ったので、今回はスマホで注文してから来店。ですが、注文時に知らされていた出来上がり時間よりも早く着いてしまったので、結局待つことに。ご注文はお早めに。

 

幕の内弁当(なす味噌炒めとさばの塩焼き) ¥590

 

幕の内弁当はなかなかバラエティに富んだ内容ながら、なかなかリーズナブル。

 

なす味噌炒めは、なすがちょっと冷凍感?あったものの普通に美味しかった。中華系のお弁当屋さんでこういうの頼むとけっこう油っこいことあるけれど、これはそんなこともなく、良い感じの味付け。

 

さばの塩焼きは、まあ、普通。脂の乗りは控えめながらパサついてはいないので十分ですね。

 

唐揚げには甘酢あん的なものがそっとかけられている。普通の唐揚げにひと手間かけられているところにグッとくる。

 

煮物、玉子焼き、おひたしもちゃんと美味しかった。

 

コンビニ弁当よりずっと良いよね。

出来立てのお弁当って、ワクワクする。

 

↓前回はこちら。

https://kuishinbo-ojisan.hatenablog.com/entry/2022/06/04/130000

【Hotto Motto】洋風バラエティ弁当 ¥540+大盛 ¥50

洋風バラエティ弁当 ¥540+大盛 ¥50

 

今日は退院後、久しぶりにしっかりとした外出(車&車椅子でね)。

お昼は時間的に買って帰ろうとなり、これまた久しぶりにほっともっとへ。

 

スマホでメニューを調べると、目を引いたのが洋食バラエティ弁当。このラインナップで¥540はお得じゃないか。

 

昼時と言うこともあり、またネットや電話での事前注文も多いようで出来るまで結構待った。余裕を持って、事前注文をすることが大事だなあ。

 

洋風バラエティ弁当 ¥540+大盛 ¥50

 

内容はハンバーグ、エビフライ、メンチカツ、唐揚げ、ソーセージがひとつずつ。

 

ハンバーグはほろ苦いデミグラスソースで、食感はしっかりめ。レトルトっぽいチープさはなくて悪くない。

 

エビフライは身は細いけれどプリっとしたエビの食感は感じられ、これもまた悪くない。

 

メンチカツも衣がしっかりしていて、作りたての美味しさが感じられた。臭みもなく良い感じ。

 

唐揚げは衣の薄い、洋風な味付け。けっこうスパイスはきいている感じで美味しい。ついでに唐揚げのバラエティパックも買ったんだけれど、1個あたり¥65くらいかな、なかなかお得で満足感あった。

 

ソーセージはパリッとした食感で、ソーセージ好きの私としても及第点。なかなか良いんじゃないかな。

 

付け合わせのポテトやポテトサラダ、香物なんかも不味くなかった。この値段でこのボリューム、このクオリティなら十分コスパ良いと言えるよね。

満足。

東戸塚【町田商店 東戸塚店】ラーメン ¥720+特大 ¥200

今日はワガママを言って奥さんとラーメンへ。

約3週間ぶりのラーメン……。3週間ぶりって言うとそんなでもない感じですが、入院挟んでいるので、体感的には半年ぶりくらいの感じです(大げさ)。

 

せっかくならガッツリ食べたいので、大盛……いや特大(2玉)でいこう!

お好みは全て普通でお願いした。

 

ラーメン ¥720+特大 ¥200


おお、器がでかい!

 

←ラーメン特大 ラーメン並→

 

奥さんの並盛と比べるとかなりのデカさ。

 

味はまあいつもの町田商店なんですが、特別美味しく感じました。

 

↓前回はこちら。


東戸塚【町田商店 東戸塚店】味噌ラーメン ¥800+もやキャベ ¥150 - 楽しくなければごはんじゃない

【番外編】入院中のお楽しみ 5/11~5/22

わけあって、5月11日(水)の夜から5月22日(日)まで入院しました。

闘病ブログじゃないので、入院中のあれこれは書きませんが、唯一の楽しみであるご飯をここに記録しておきます。

何の役にも立ちませんが、良かったら読んでやってください。

(長いので注意)

 

───────────────────────

 

◆5月11日(水) 夕

病室入りが20時だったため、夕飯抜き!

いきなりツラい!!

 

───────────────────────

 

◆5月12日(木) 朝

5月12日(木)の朝ご飯 8:00


待望の食事!

食事制限はないので、基本的にご飯は200g。

このご飯の量に対して、おかずに不安が……。

豆腐のお味噌汁は普通に美味しい。

野菜を煮たやつは案の定、薄味。でもどことなくバターのような香りとコクがあって、そんなに悪くない。

ひとくちがんもは程よい塩梅で煮てあり、ギリギリおかずになる。

最終的にふりかけと味噌汁でご飯を食べた感じ。

牛乳は意外とこの量で130kcalくらいあるのね。食後に重たいぜ。

 

◆5月12日(木) 昼

5月12日(木)の昼ご飯 12:00


お昼。朝食べてから寝てただけなので、そんなに食欲ないなあ……。残さず食べるけど。

フキの入った煮物はそこそこしっかりした塩梅。病院食っぽくなくて美味しい。

焼き鮭は控えめな塩梅。味は可もなく不可もなく。

添え物はインゲンかと思ったらアスパラでした。

ほうれん草のおひたしは減塩醤油なんだろうけれど、かつお節の支えもあってしっかりした味わい。

デザートはバナナ。ちょっと重たいぜ。

お茶が熱くて、食後めっちゃ汗かいた。

 

◆5月12日(木) 夕

5月12日(木)の夕ご飯 18:00

気遣いが嬉しい


そう、今日5月12日は私の誕生日なんですよね……。
こういう気遣いが本当に嬉しい。

 

中華っぽい餡のかかっているのは鶏の竜田揚げ。ちょっとおかずにするにはパンチが弱いぞ!

添え物はさやえんどう。ふにゃふにゃ。

野菜を煮たやつは朝と同じ優しいやつ。

スープは椎茸と春雨のすまし汁。優しい。

キュウリの酢の物は普通に美味しい。

全体的に優しいやつらばかりで、ちょっとおかずが足りなかった。白米を噛みしめていただく。

 

デザートはカラメルのほろ苦さとプリンのコクのある甘味と固めのホイップクリームとで……、いやほんと沁みるわあ……。感謝しかない。

 

───────────────────────

 

5月13日(金) 朝

5月13日(金)の朝ご飯 8:00


今朝は和洋折衷な感じで来ました。

スクランブル(?)エッグにはケチャップをかけて。かなりトロトロなので箸ではつかめないため、スプーンでいただきました。味はマイルドな感じで、どことなくコーヒーフレッシュのような甘味と脂肪分を感じた。

インゲンのごま和えは、まあまあおかずになる塩梅。悪くないでしょう。

白菜のお味噌汁は普通に美味しい。

この醤油は……、海苔用かな。私は使わず、海苔はそのままでいただきました。

そして牛乳。朝に牛乳飲む習慣がないからか、これが妙に重いんだよなあ。

 

5月13日(金) 昼

5月13日(金)の昼ご飯 12:00

 

麺だ! なんかテンション上がる。

温野菜のサラダにドレッシングをかけて、まずはじっくりいただき血糖値の上昇を緩やかにする。(普段そんなことしてないクセに)

ミートソーススパゲティは茹で置きのゆるゆる麺に、レトルトテイストなソース。嫌いな人もいるだろうけれど、私はこれはこれでめっちゃ好きなのよね。ジャンクフード感あって。

デザートはマンゴー。甘いものはほんと沁みる。

 

5月13日(金) 夕

5月13日(金)の夕ご飯 17:45


お魚はこれ、鰤かな? みぞれ煮になっていて美味しい。ほのかな酸味がアクセント。しっかりおかずになる。

添え物はオクラ。息子がオクラ大好きなんだよな……、とちょっぴりホームシック。

煮物はナスとししとう。ほぼほぼ汁物と言えるレベルに、口に入れると煮汁が滲み出す。おかずになる程の塩梅ではないけれど、悪くない。

キャベツとニンジンのおひたしは、まあ可もなく不可もなく。

デザートのはちみつレモンゼリーは固めの食感で好み。はちみつ感が強すぎず美味しかった。

 

───────────────────────

 

5月14日(土) 朝

5月14日(土)の朝ご飯 8:00

 

7時過ぎに看護師さんに起こされるまで爆睡していたので、朝食が来てもまだちょっと眠い。

 

カニシュウマイだ。醤油が欲しいけれど、まあギリギリおかずになる。

添え物はアスパラ。味付けはなし。

野菜を煮たやつは……、優しい、とにかく優しい味わい。というかただの茹で野菜。

お味噌汁はナメコ。気持ち薄いかも。

ふりかけは、実質メインのおかず。助かる。

牛乳飲んでお腹いっぱい。

 

5月14日(土) 昼

5月14日(土)の昼ご飯 11:45


鰤だな。これは鰤。漬け焼きみたいな感じで、ちゃんといいおかず。添え物はししとう

これは、炒り煮って言うのかな、玉子のやつ。これもしっかりとした塩梅でいいおかず。

モヤシとニラの和え物は、病院食としてはマックスでは?という塩味の強さ。おいおい、どうした、ご飯が足りないくらいじゃないか!

デザートはオレンジ。普通こういうのって一切れとかじゃない? 三切れは嬉しい。ジューシー。

 

5月14日(土) 夕

5月14日(土)の夕ご飯 18:00


生野菜だ! やわやわで優しい味付けで火の通った野菜ばかりだったから、これは嬉しい。ごまドレッシングが体に沁みるぜ……。

汁物はシメジとサヤエンドウのお吸い物。シメジがしゃきしゃきしていて良い食感。

この鶏肉は……なんだろ。食べてみるとタレに漬けておいたササミを焼いたもので、軽く七味が振ってある。これ好き。七味も久しぶりの刺激物で嬉しい。

添え物はさつまいも。優しい甘味が良いね。

ほうれん草とニンジンのおひたしは程よい塩梅。

 

───────────────────────

 

5月15日(日) 朝

5月15日(日)の朝ご飯 8:00


オムレツは中にケチャップが入っている。玉子は少し甘味が強めかしら。ケチャップは濃厚で、玉子とのバランスは良い感じ。おかずになる。

添え物はインゲン。茹でたか蒸したかしただけで、ちょっと味気ない。

煮物は大根とニンジン。良いおかず、って程ではないけれど、悪くない。

お味噌汁はタマネギとエノキ。タマネギの甘味が良いね。

ある意味メインおかずの「ゆかり」。1.7gのボリューム感がわからなかったけれど、これ、初めから200gのご飯にかけておけば良かった量ですね……。後半になって全投入したので、ちょっとしょっぱかった。失敗したなあ。

デザート感覚で牛乳。やっぱりこいつが一番重たい。

 

5月15日(日) 昼

5月15日(日)の昼ご飯 12:00

メインは豚肉とタマネギ。味噌?麹?タレの甘味が良く、ご飯のおかずになる。家庭料理的な美味しさ。家が恋しくなるねえ。

添え物はミックスベジタブル。バターソテーとかになってるのかな?

茄子は煮浸しかな。おかずにならなくもない。悪くない。

アスパラは、けっこうしっかり味ついてる。これも煮浸し的な?いや、それにしては汁がないか……。気になる。

デザートはキウイ。久しぶりに食べた。酸味が嬉しい。

 

5月15日(日) 夕

5月15日(日)の夕ご飯 17:40

揚げ物! 揚げ物だ!

平静を装いつつ、まずはサラダから。カリフラワーとキュウリとラディッシュ。キュウリが妙にパリパリとした食感。

お味噌汁は大根と油揚げ。油揚げも一応揚げ物、だよね。もー、お味噌汁の具で白米いけちゃうじゃないのー。

小鉢は、加熱して刻んで冷したオクラの……なんだろう、これ。よーく味わうと梅の風味がする。んー、でもなあ、オクラそのものの味以外感じないんだよなあ……。謎。

でもってメインのフライ! 白身魚のフライと、コーンクリームコロッケ。ソースをかけていただけば、うう、食べなれた味なのに妙に美味しく感じるぜ……。クリームコロッケはコーンの甘味と食感が加わり、ほぼほぼデザートですよ。美味しいね。

添え物はシメジとピーマンのソテー。クレイジーソルト的な風味を感じる。

 

ああ、揚げ物嬉しかったなあ……。

 

───────────────────────

 

5月16日(月) 朝

5月16日(月)の朝ご飯 7:45

 

またがんもかと思いきや、あげだしって言うのかな? ふわっと柔らかい擂り身に野菜が練り込まれている。おかずになる。添え物はサヤエンドウ。

野菜ふりかけは素朴な味わい。

お味噌汁はキャベツとワカメ。何か珍しい組み合わせな気がする。

ほうれん草のおひたしはしゃきしゃき食感。味付けは良いけれど、もう少し柔らかい食感が好みかも。

牛乳、馴れてきた。重いけど。

 

5月16日(月) 昼

5月16日(月)の昼ご飯 12:00


昨日の夕方、個室から四人部屋に移った。昨日は自分しかいなかった病室に、今日になって二人のおじいちゃんが。隣から聞こえてくる看護師さんの「なるべく野菜から食べて、血糖値の上がり方を緩やかにしてくださいね」の言葉を受けて、私も気を付けようと思った。

 

おひたしは白菜とニンジン。味付けはしっかりしている。

サラダはポテサラ。業務用っぽい味付けだけれど、いつもより美味しく感じる。

メインのおかずは鯖。やった。焼き魚の中では鯖が一番好き。皮に胡麻がつけられていて香ばしい。美味しいね。

添え物はオクラ。蒸してある、のかな? 味付けはされてないようだけれど、野菜の旨味を感じる。

デザートはマンゴー。甘味と酸味が嬉しい。

 

5月16日(月) 夕

5月16日(月)の夕ご飯 17:45


小鉢はほうれん草とエノキのおひたし。普通。

大根とニンジンの煮物はちょっとトロミがある。悪くない塩梅。

汁物は椎茸と春雨のお吸い物。なんか、ちょっと量が多い。

メインは鶏肉と長ネギの……和風、グリル、みたいなやつ。しっかりした味付けで、良いおかず。

 

───────────────────────

 

5月17日(火) 朝

5月17日(火)の朝ご飯 8:00

 

野菜はキャベツ、ピーマン、パプリカが出汁で煮てある感じ。優しい味だけれど、味気ないって程ではない。

お味噌汁はタマネギと玉麩。甘味があって美味しい。そう、私はお味噌汁は甘味がある方が好きです。

巾着は中に細かく刻んだ野菜や白滝が詰まっている。しっかり目の味付けで、まあまあおかずになる。でももっと甘味があっても良かったなあ。

おかずが心もとなく、空いた小鉢に醤油を入れて、海苔をつけていただく。あっ、しまった。ついにタオルケットへ醤油を飛ばした。悔しい……、馴れ、甘え、怠慢……、これからはこのシミと共に反省の日々を送るのか……。

最後に牛乳で満腹に。

 

5月17日(火) 昼

5月17日(火)の昼ご飯 12:00


脈絡のないタルタルソースに、周りのベッドからも「ん?これは?」の声が。

結論としては、鮭に味がついてなかったので、こいつに乗せて食べました。タルタルソースはそのまま飲みたいくらい好きなので、ご褒美でしたね。

添え物はインゲンとコーンのソテー。

改めて、小鉢はオクラのおひたし。これはしっかり味がついている。

煮物は里芋とニンジン。ニンジンはもっと柔らかい方が好きだなあ。

そしてデザートはバナナ。重いて。

 

5月17日(火) 夕

5月17日(火)の夕ご飯 18:00


サラダはレタスにアスパラとコーン。ドレッシングがちょっと酸味強め。生野菜嬉しい。

ほうれん草のおひたしは普通に美味しい。これくらい柔らかい方が好き。

汁物はとろろ昆布とねぎのお吸い物。磯の香りで胸が温まる。

メインは、すき煮、かな。甘味は控えめなものの、味付けはしっかりしている。春菊の香りが爽やかで、良いアクセント。今までで一番おかずの量が多くて、なんならご飯をおかわり出来そうなくらいだった。

 

───────────────────────

 

5月18日(水) 朝

5月18日(水)の朝ご飯 8:00

かにかまさんこんにちは


今日の朝食でまず目を引いたのは、妙に棒状の卵焼き。断面を見てみると、かにかまさんがこんにちは。なるほど。食べてみると優しい甘味のふんわり卵にぷりっとしたカニかまの食感と風味、塩味が加わってなかなか美味しい。おかずにもなる。

添え物は気持ち塩強めな塩ゆでのブロッコリー

野菜はほうれん草、タマネギ、ニンジン。優しい甘味で悪くない塩梅。

お味噌汁は白菜とワカメ。

半分残ったご飯は梅ふりかけでフィニッシュ。

でもって牛乳でお腹いっぱい。

 

5月18日(水) 昼

5月18日(水)の昼ご飯 12:00


春雨サラダは爽やかな酸味で体がスッキリする。塩梅は控え目なので、ちょっと物足りないけれど。

小鉢はアスパラのごま和え。わりと濃厚で甘味もあって美味しい。

メインは豚肉とピーマン(緑・赤)のバジル炒め。ここへ来てエスニックなテイスト登場。しっかりおかずになる。

デザートはブドウ。甘味と、皮の微かな渋みとが気分をアゲてくれる。元気のない時、甘味っていうのは心に沁みるよ、ほんと。

 

5月18日(水) 夕

5月18日(水)の夕ご飯 18:00


食べるのは野菜から。周りの患者さんの影響で癖付いて来ている。

ほうれん草のおひたしはちょうど良い食感と塩梅。

山菜の煮物はしっかりおかずになる。美味しい。

汁物は三葉と玉麩のお吸い物。しっかり味わってみると、三葉の味も乙なものだなあ。

メインは赤魚の……なんだろう。焼き物ではあるんだけれど……カレーかな?カレー風味?添え物のシメジも同じ風味がする。でもなあ、ターメリック使ってたらもっと色味が出るよなあ。味は悪くなかった。

 

───────────────────────

 

5月19日(木) 朝

5月19日(木)の朝ご飯 8:00


野菜はカリフラワーとニンジンのスープ煮。コンソメスープで美味しい。

お味噌汁はネギと油揚げ。シンプル。

メインはミートボール。しっかり濃い味で、3個ながらきっちり白米に対応してくれる。

添え物はアスパラ。ちょっと苦味を感じた。

ふりかけ。ふりかけって良いなあと、この入院中、再認識させられた。ご飯を美味しく食べるためだけの魔法の粉。日本人の心ですなあ。

最後に牛乳。むしろ楽しみになってきた。

 

5月19日(木) 昼

5月19日(木)の昼ご飯 12:00


インゲンはごま和えかと思いきや生姜和え。爽やかな香りと優しい刺激が嬉しい。

煮物は肉じゃがかと思いきや、お肉入ってなかった。含め煮っていうんですかね。美味しかった。

メインは……、何だろう、これ。蒸し鶏?の上に、ケチャップで炒めたタマネギとマッシュルームが乗っている。おかずになる味ではあるけれど、恐ろしいほど家庭的な料理だな。

添え物はキャベツとコーン。これ自体はメインとは別に加熱されているけれど、ケチャップを含んだ汁が絡まり、同系列の味になっている。

デザートはパイナップル。普通に美味しい。

 

5月19日(木) 夕

5月19日(木)の夕ご飯 18:00


まずはキュウリの酢の物から。塩梅が良いバランス。シラスが和えてあるのがアクセント。

この春雨のやつは……何だろう。春雨スープ、にしてはスープが少ない。スープ煮? 味は春雨スープ。

汁物はかきたま汁。普通に美味しい。

メインはサワラの山椒焼き。山椒の風味と皮のパリッとした食感が良い感じ。

添え物は大根おろし。焼き魚に乗せて、と思ったが、魚の方がそれほど濃い味付けではないので、乗せるとちょっとぼやけてしまった。そのため、醤油をかけて、そのままおかずとしていただいた。辛みもなく、優しい甘味で美味しかった。

 

───────────────────────

 

5月20日(金) 朝

5月20日(金)の朝ご飯 8:00


野菜は白菜とニンジンのおひたし。可もなく不可もなく。

お味噌汁はキャベツもワカメ。

メインはサンマの生姜煮。やや生姜の苦味を感じるものの、濃い目の味付けと爽やかな香りでご飯が進む。

ふりかけはのりたまご。

牛乳のパッケージに煽られつつ、今日も完食。

 

5月20日(金) 昼

5月20日(金)の昼ご飯 12:00


うどんだ! 二度目の麺類。気分転換になる。

先に野菜から。これはモヤシと青菜の千種和えというそうです。しゃきしゃきの食感と、具沢山な感じが嬉しい。

うどんは……このお椀のやつで食べるのよね? とりあえず浸けて食べてみる。うん、薄い。関東風と関西風の間くらいのテイスト。仕方ない、ぶっかけてしまおう。茹で置きの柔らかい麺は、薄味の汁に対して主張が強く、かけたところでやっぱりちょっと薄味なのは否めない。

天ぷらはかき揚げとキス。かき揚げは申し訳程度にエビとイカが入っている。上面サクサク下面ふわふわ。薄味のうどんにパンチを加えてくれる。キス天はあっさりだけれど、ふんわりとした優しい味で良い感じ。

デザートはマンゴー。華やかな風味と甘味。

 

 

 

 

5月20日(金) 夕

5月20日(金)の夕ご飯 18:00


ハンバーーーーグ!

おっといけない、落ち着いてまずはサラダからだ。

生野菜のサラダはキャベツ、紫キャベツ、キュウリ。しゃきしゃき食感が嬉しい。

ほうれん草のおひたしは普通に美味しい。

メインの添え物は柔らかいアスパラ。素材本来の味で勝負。

そして待望のハンバーグ。子供かよってくらい心の中では「えっ今日ハンバーグ!?やったー!」て感じだからね。食べてみると、デミグラスソースが案外安っぽくなく、お肉も「加工品臭さ」があんまりなく、予想していたよりはずっと美味しい。ご飯進む。ありがてえ……。

デザートは謎の「お米のムース」。開けてみると、真っ白で固めなババロア的なものの上に、ゆるゆるのカスタードみたいな黄色味がかったソースがかけられている。味は見た目の通りで、個人的にはけっこう好きな味。コンビニにあったら買うかも。「原材料なんだろう」と思ってパッケージを見たが書いていない。別に添加物とか気にする人間じゃないけれど、材料は気になるのよね(料理する目線でね)。書いててほしかったなあ。

 

───────────────────────

 

5月21日(土) 朝

5月21日(土)の朝ご飯 8:00

 

野菜は、優しい野菜炒め的な。モヤシとニンジンとニラ。おかずにならなくもない。

ブロッコリーはやたらと柔らかい。とろける~。

お味噌汁は白菜とインゲン。甘味があって好み。

たまごはかなり柔らかめ。とろとろで箸では掴めない。

ふりかけは実質メインのおかず。カリカリのカツオがたっぷりで美味しい。

最後に牛乳でフィニッシュ。

 

5月21日(土) 昼

5月21日(土)の昼ご飯 12:00


野菜は菜の花のおかか和え。しゃきしゃきした食感で美味しい。

ひじきの煮物はほどよい塩梅。そこそこ量があるのでおかずには困りませんね。

メインは赤魚の照り焼き。ちょっと物足りない塩梅。そろそろ濃い味が恋しい。

添え物はオクラ。特に味付けはないけれど、素材の味をじっくり味わうのにも慣れた。

デザートはオレンジ3切れ。フレッシュな香りが癒し。

 

5月21日(土) 夕

5月21日(土)の夕ご飯 17:45


野菜はアスパラの辛子和え、と言っても辛みはないけれど。悪くない。

ミックスベジタブルのソテーをちまちまつまんで、なるべくゆっくり食べることを試みる。(最後1/3くらいはかきこんじゃったけど)

汁物はけんちん汁。具沢山で嬉しい。

メインは鶏のしょうが焼き。これは普通に美味しい。ご飯も進む。

そして私の好物のひとつであるとろろ。塩梅はもう一声って感じだけれど、久しぶりで嬉しかった。


───────────────────────

 

5月22日(日) 朝

5月22日(日)の朝ご飯 8:00


退院前、最後の病院食。

 

野菜はほうれん草、タマネギ、ニンジンのソテー。優しい甘味。

メインはシュウマイ。今回は醤油もあるので心強いおかずだ。

添え物は茹でたキャベツ。特に味付けはされてないけれど、キャベツはそのままでもいけるね。

お味噌汁は大根とニラ。珍しい。味はまあどうってこともない。

おかずはちょっと心もとないので、海苔に醤油をつけていただく。

最後に牛乳。すっかり朝の定番になってしまった。家に帰ってからも続けるかはわからないけれど、お前のこと、嫌いじゃなかったぜ。


───────────────────────

 

そして退院へ……

【お知らせ】退院しました

本日、無事退院することが出来ました。

 

とはいえ6月末までは休職、はっきりとした復帰時期は不明のため、元気一杯、というわけではないのですが……。

 

食事制限はないので、不定期ですが今後もぼちぼちブログを更新していきたいと思います。

 

ご心配おかけましました。