楽しくなければごはんじゃない

食べるの大好き。食いしん坊おじさんの個人的なごはんの記録です。

新小岩【麺屋 一燈】濃厚魚介つけ麺 ¥900+大盛 ¥150

f:id:kuishinbo-ojisan:20181220110605j:plain

 

言わずと知れた有名店。

10:55に来店……、したにもかかわらず「お呼びできるのは11:20頃になります」だと……?

店内を見ると、すでに満席……。

どういうこと?

11:00開店じゃないのか?

有名店の集客力におののいていると、早くも自分の後ろに行列が出来はじめている。

いかんいかん。

並ぶと店員さんが中に案内してくれる。案内されてから食券を購入し、改めて外に並ぶ事となる。

 

f:id:kuishinbo-ojisan:20181220110628j:plain

f:id:kuishinbo-ojisan:20181220110650j:plain

 

もちろん、スタンダードな濃厚魚介つけ麺をチョイス。

大盛¥150はちょっと悩んだけれど、せっかくなので大盛にした。

 

11:13入店。

11:15提供。

 

f:id:kuishinbo-ojisan:20181220113853j:plain

 

うんうん。やっぱりつけ麺は盛りが綺麗じゃないとね。

 

まずは麺。

もっちりとした太麺はキンキンに〆られている。麺単体でもかなり美味しい。

 

では、つけ汁につけて一啜り。

おお……、美味い……。

鶏と魚介、そして甲殻類の旨味が、それぞれ主張するのではなく渾然一体となって……、美味ぁ……。

鶏白湯のトロみがあるから、麺に絡みまくる。白髪ネギも抜群に合うな!

いやあ、これは間違いなくつけ麺ベスト3に入る美味さだわ。

 

つけ汁の中には白髪ネギ、海苔×1枚、大葉入りの鶏つくね×2個。またこのつくねが熱々で美味い。

 

f:id:kuishinbo-ojisan:20181220113916j:plain

 

大盛の場合、適度に食べ進めたところでつけ汁サービス。後半に来てまた熱々のつけ汁で食べられるのは嬉しい。

ただ後半になってつけ汁がほどよく薄まってきたところへ、食べ始めの濃厚具合はちょっと濃く感じる。追加のつけ汁は、基本よりも少しだけ薄めだと嬉しいなあ。焼き鳥の塩振り理論と同じだね。

 

いやはや、満足。

さすが有名店。

期待値を超えてきた。 

つけ麺じゃない、汁ソバの方も是非食べてみたいと思った。