楽しくなければごはんじゃない

食べるの大好き。食いしん坊おじさんの個人的なごはんの記録です。

鴨宮【しおさい】鶏らーめん(塩) ¥750

f:id:kuishinbo-ojisan:20180302121639j:plain

鴨宮駅から徒歩5分ほど。
南口のロータリーから真っ直ぐ。
鶏らーめんのお店。

f:id:kuishinbo-ojisan:20180302121647j:plainf:id:kuishinbo-ojisan:20180302121652j:plain

ご飯もの単品で頼めるのは珍しい気がする。
ドリンクメニューも充実してた。

スタンダードな鶏らーめんをチョイス。
塩かしょうゆか迷ったが、ここは塩で。

ランチタイムは大盛か小ライス、黒烏龍茶のいずれかサービス。大盛をお願いした。

f:id:kuishinbo-ojisan:20180302121656j:plain

店のこだわりを確認。
何だか面白そうなラーメンだなー。

5分弱で提供。

f:id:kuishinbo-ojisan:20180302121703j:plain

鶏白湯とあったのでもっと白濁した感じかと思ったけれどそうでもない。
パッと見確かに洋風な雰囲気あるかも。

まずはスープ。
貼り紙に書いてある通りの味。
鶏白湯とフォンドヴォイユのダブルスープ。
鶏白湯の濃厚な鶏の旨味と、フォンドヴォイユの柔らかい鶏の旨味に野菜の旨味。野菜の出汁がしっかり感じられるラーメンってめったにないけど、これは洋風にまとめることで、それぞれの良さが出ている気がする。
けっこう美味しいぞ。

麺は全粒粉で、小麦の甘味が強い。
香りも良くて、かなり好み。

具は極太のメンマ×2本、豆苗、ネギ、玉ねぎ。
メンマはほんのり温かく、塩加減も絶妙。筋ばったところもなく美味。
玉ねぎはこしょうとガーリックパウダーで炒められていて、スープに混ぜるとより洋風な感じになる。
豆苗はスープに合うか心配だったけど、香りが主張しすぎることもなく、とっても良く合っていた。ただ、スープが冷めてくると少し豆苗の香りが強く感じる気がした。
低温調理された鶏むね肉のチャーシューは、塩加減は控えめながら、香味野菜等の香りや味わいがぎゅっとつまっていて、パサついた感じもまったくなくて非常に美味しかった。

「あー、ラーメン食べたなー」という感じではないけれど、美味しい麺料理だった。

機会があれば他のメニューも食べてみたい。